世界

アフガニスタンでの即時殺害の報告に米国と他の国々が深い懸念を表明

声明は報告書です ヒューマンライツウォッチで発表 火曜日の晩夏に降伏した後、タリバンによって100人以上の元アフガン保安軍が殺害されたり強制的に行方不明になったと主張した。

被害者の証人、親戚、友人とのインタビューをもとにした報告書は、8月の間タリバンに降伏したか逮捕した兵士、警察、情報要員、準軍事組織員に対する「即時処刑または強制失踪」について詳しく説明した。 10月15日と10月31日。

CNN は、レポートの主張を独立して確認することはできません。

土曜日の声明で、米国、ドイツ、日本、英国を含む21カ国は、このような行為が「深刻な人権侵害に該当し、タリバンが発表した斜面に違反する」と述べました。

声明は、「私たちはタリバンがアフガニスタンの保安軍の前のメンバーと全政府の管理に対する赦免を効果的に実施するよう促す」と述べた。

国家はヒューマンライツウォッチの主張について完全かつ透明な調査を要求した。

土曜日の声明は「責任を負う人々は責任を取らなければならない」と明らかにした。 「私たちは彼らの行動でタリバンを測定し続けます」。

READ  2024年共和党のニッキー・ヘイリーを初の女性大統領候補に擁立する| 渡瀬ユウヤ| コラム

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close