スポーツ

アフリカ諸国は、ウクライナの小麦禁止を解決するために日本を見ています。

5日間の日本訪問後、国連事務次長アフンナ・エジアコンワ(Ahunna Eziakonwa)は、ロシアとウクライナの食料輸入不足によって生じた格差を埋めなければならないアフリカ諸国は、典型的な経済援助領域から離れなければならないと述べました。

エジアコワ、また国連開発プログラム (UNDP) アフリカ地域の取締役は、日本政府と民間部門のパートナーが、アフリカ諸国を支援する際に独特の役割を果たすことができると述べました。

彼女は、「日本政府機関や民間部門を含む強化された多国間主義と強力なパートナーシップは、ウクライナの戦争による新しい経済的衝撃に対応するアフリカ諸国の適性を支援するために決定的な役割を果たすだろう」と述べた。

日本はアフリカ大陸の食料安全保障を強化するために戦略的役割を果たし、さらに多くのことを目指しています。 日本国際協力団(JICA)

米革命

「JICAも世界食糧危機という現状について懸念しています。 私たちができることは、私たちの強みと利点、つまり米生産を活用してアフリカ大陸の食料生産能力を向上させることです。

JICAの支援は日本の外務省直属です。 そして、このグループが外交政策に直接関与しているわけではありませんが、Amameishiはサハラ砂漠以南のアフリカで米開発を支援することが重要だと言います。

日本は2008年から始まり、3段階プログラムを進めています。 アフリカ米開発連合(CARD) 大陸全体にわたって国内市場のための米生産量を増やすため。

JICAは、多数の量子及び多国間ドナー及び研究機関と共に協議グループを構成する。

CARDは大陸の23の加盟国から始まり、32カ国に成長しました。

サハラ砂漠以南アフリカ地域の米生産量を2018年までに1,400万トンから2018年までに3,100万トンに倍増させるという最初の目標を達成しました。

タンザニア

しかし、アフリカ大陸への農業支援と技術移転は日本にとって新しいものではありません。 JICAは1970年代にキリマンジャロの麓のモシのタンザニア農家に継続的な技術支援を提供し始めました。

タンザニアの米生産量はアフリカ大陸3位で、隣国にも輸出しています。 その収穫量は、灌漑された畑と低地と高地の雨水が供給される水田から出てきます。

JICAは、タンザニア内のさまざまな気候の訓練を提供するタンザニア農業省に属する7つのトレーニングセンターを作成する予定です。

過去に、 もしの農家は文句を言った。 過去、アジア産無関税米が市場にあふれ、一部の農民が被害を受けたと主張して政府の支援を受けられなかったということだ。

JICAのAmameishiは、各アフリカ諸国は独自の戦略を策定し、国内の米生産を促進する必要があると述べています。

彼はRFIとのインタビューで「政府の立場に強制的に影響を及ぼす立場ではないが、私たちがしているのは地域の農民を支援することだ」と話した。

「外部から米を輸入する場合は、国内生産量を増やして品質を高める必要があります。」

セネガル

セネガル大陸で最も重要な米生産会社の1つは、生産性と米品質を向上させるためにJICAおよびJICAが支援する米開発と協力してきました。 日本開発庁は灌漑の拡大に努めています。

アメメイシは、セントルイス、ポドル、バケルの間のセネガル川渓谷の水力農業開発のためのJICA作業について、「セネガルの降水量は限られていますが、北の川から水が出ます」と述べた。

JICAは、この地域がセネガル農業加速プログラムに基づいて総米生産量の約60%を占めると報告しています。

この機関は、イモザックシステムを含むイネ栽培技術の改善と拡大に取り組んでいます。 以前は、年に一度だけ米を生産しました。」

農業技術

タンザニアとセネガルでの経験を通して、アメメイシは仕事を機械化したいと思っていますが、日本の農機具をアフリカ大陸に持ち込むためにアフリカ諸国からの許可を受けたにもかかわらず、貿易にいくつかの障壁があることを認める農家との仕事しました。 。

「ビジネスの面では簡単ではありません。 日本の品質が良いのに問題は価格だ」と話した。

CARDプログラムの第2段階の一部は、農業機械化のための地域ハブを作成することです。

アフリカの農家が使用するほとんどの機械は中国とインドで生産されており、安価です。

あめめいしは、「私たちは日本企業がアフリカに来て事業活動を始めるように誘致しようとしています。

「私たちは流通網を作らなければなりません。 今後の需要が増えれば始まるでしょうが、現在は少なすぎます。

日本とアフリカ大陸の間のより多くの選択肢が第8回会議で議論されています。 東京アフリカ開発会議(TICAD) 2022年8月27日から28日までチュニジアで開催される予定です。

READ  レッドブルF1の代表 "2021年RB16Bは、今季マシンの60%以上が延期される"[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close