経済

アベノミックスを擁護する安倍、「馬鹿」自民党報告書草案反対

安倍晋三元首相は去る5月、経済問題を解決するための報告書草案について一つの緊急の質問をした。

「あの愚かな提案は誰が書いたの?」 明らかに怒った安倍は同僚に尋ねた。

草案は昨年秋に起き、文尾首相が就任した直後に設立された執権自民党財政健全化推進本部議員が作成したものだ。

国会議員らは国内総生産(GDP)に比べて公共負債が大きい状況で国家財政健全性回復方案を提案した。

本部では、6月に発表される年次経済財政管理および改革基本政策に一部のフレーズが反映されることを願って文書草案を設けた。

しかし安倍首相は、草案の内容を2020年8月までの7年以上の執権期間の間、主要経済政策パッケージであるアベノミックスに対する人身攻撃とみなした。

安倍首相は5月19日の会議で提案が議論された後、本部事務総長の内高尾に電話をかけた。

「アベノミックスを批判するつもりですか?」 元首相は安倍首相が率いる自民党所属のオチに尋ねた。

大知は安倍をなだめようとしたが、党代表は「同僚がアベノミックス批判という」と反発した。

オチは「私はアベノミックスを信じています。 さらに、経済財政政策文書を整理する内閣室次官を二度も歴任したこともある」と話した。

AbeはOchiのポイントに同意したが、Abeは後で同僚にドラフトの名前を要求した。

草案は「最近数年間多くの経済政策を施行したが、その結果、過去30年間、日本の経済成長率が主要先進国の中で最も低い水準」と明らかにした。

会社員の初任は30年前と基本的に変わらないと指摘し、人件費の国際比較が「安い日本」を作っていると指摘した。

安倍首相は特に「安い日本」という言及に怒ったと消息筋は伝えた。

続いて財政健全性再建を要求する自民党議員に対する安倍などの共同攻撃が続いた。

アベノミックスは、大胆な通貨の緩和、柔軟な財政支出、民間部門への投資を促進するために設計された成長戦略の積極的な使用を含んでいました。

5・19本部会議に出席した多数の安倍議員は、草案の文句について懸念を提起した。 2時間ほど熱い討論が続き、この日の漁法に対する決定は下さなかった。

翌日の会議で修正されたドラフトには、アベノミックスへのより多くの言及が含まれていましたが、まだ批評家を変えることはできませんでした。

5月23日ヌカが福士本部長兼財務相が安倍首相と直接会談を行った。 また、阿蘇太郎本部最高補佐官と西田正治参議院議員も参加した。 政策研究協議会傘下の自民党財政政策本部。

安倍は攻撃的な支出を推進する第2本部の最高顧問を務めている。

ある情報源は、安倍がヌカガに何十行もの別の修正を提示したと伝えた。

財政の健全性を回復するために努力する議員は、「アベノミックスに対するいかなる批判も許さないだろう」と述べた。

NukagaとOchiは5月26日に最終ドラフトを発表しました。

この文書は、依然として政府の一次収支で黒字を追求する必要があることを要求しています。これは、税金やその他の収入が新しい国債を発行せずに社会保障から公共事業プロジェクトに至るプログラムをカバーすることを意味します。

しかし、アベノミックスに関連する部分は大きく修正された。

「安い日本」への言及は削除され、アベノミックスがまだその過程を終えていないというフレーズが追加されました。

結局、財政健全性を追求する人々は後退するしかなかった。

去る5月31日経済財政政策審議会に提出された基本財政経済政策案草案では、過去文書に含まれていた基本収支黒字達成のための2025会計年度目標を削除した。

安倍首相は2012年末に2回目の首相を任命しました。 2012年度末の中央政府債券残高は705兆円(5兆4000億ドル)でした。 2021年度末までの未払残高は991兆円でした。

(この記事は、高崎ならきと中田中也子によって書かれました。)

READ  グアムファンデミク以降の経済予測困難

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close