スポーツ

アメリカ、インド、オーストラリア、日本、2022年の終わりまでに、アジア全域に10億個のワクチンを送ることで合意し

Alasdair PalとEuan Rocha

アメリカ、インド、オーストラリア、日本の指導者たちは2022年の終わりまでに、アジア全域に10億個のコロナウイルスを送信するために資金調達、製造、流通能力を集めることで合意したとインドの外相が金曜日た。

いわゆる4カ国で構成され、「4つの “グループは、グローバル予防接種を拡大し、東南アジアと世界で成長する中国の予防接種外交に対応することを望んでいる。 インドは、世界で最も大きなワクチンメーカーです。

Harsh Vardhan Shringla外相は4者間の仮想首脳会談後、インドの首都ニューデリーで開かれた記者会見で、今回の協力は、「最も緊急かつ価値があった」と述べた。

彼は「4カ国は、インド – 太平洋地域でCOVID-19ワクチンの製造および流通を拡大するために財政資源、製造能力と能力、物流の強みを統合する計画に合意した。」と言いました。

「私たちは、これが流行後の回復過程を加速し、家族や企業がCOVID-19危機を遅らせるようにすることを考えている。」

インドは、米国国際開発金融公社(International Development Finance Corporation)と日本の国際協力銀行(Japan Bank for International Cooperation)で資金を調達して、米国のワクチンを作るために製造能力を使用します。

彼はオーストラリアが教育に資金を支援してワクチンの配布のためのラストマイルの物流サポートを提供すると付け加えた。 これは主に太平洋諸島、東南アジアおよびインド洋諸国への移動と付け加えた。

しかし、この取り組みは、インドのワクチンサプライチェーンの重要な原料のために米国の輸出制限により、妨害を受けることができます。

Shringlaはこの問題は、ワシントン駐在のインド大使が提起した米国との二国間の問題だと述べた。

「この非常に重要な点について検討しています。」と彼は説明していないと述べた。

今回の提携は、インドの14億の人口のためのワクチンの生産に影響を与えないだろうとShringlaは付け加えました。

(ニューデリーのAlasdair Pal、ムンバイのEuan Rochaジャーナリスト、Hugh Lawson編集)

READ  森が残したが性の問題は、残っている - WAVY.com

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close