経済

アメリカ、日本、オーストラリア、ニュージーランド、イギリスが太平洋グループを形成

6月24日(ロイター) – 米国、オーストラリア、日本、ニュージーランド、イギリスが太平洋諸島諸国との経済及び外交関係を強化するための非公式グループを発足したとホワイトハウスが金曜日明らかにした。

バイデン政権は、中国が外国人投資に飢えた太平洋諸島諸国との経済的、軍事的、警察的連携を強化するために、インド太平洋地域にさらに資源を投入すると約束した。

PBP(パートナー・イン・ザ・ブルー・パシフィック)と名付けられたこのグループは、太平洋地域主義を支援し、太平洋諸島と残りの世界の間の経済的絆を強化するよう努めます。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

「私たちは、太平洋の人々にとって有益な地域を支援するという共同の決意に一致しています。ホワイトハウスは、太平洋諸島が主導し導くと述べた。

ホワイトハウスのインド・太平洋調整官であるKurt Campbellは、木曜日に米国が戦略的に重要な地域で中国に対応するための介入を強化するにつれて、より高いレベルの米国管理者が太平洋諸島の国々を訪問すると期待していると述べた。 もっと読む

キャンベルは、米国がこの地域にわたってより多くの外交施設を必要とし、時には「あまり関心のない」太平洋諸島諸国とのより多くの接触が必要であると述べました。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Jarrett Renshawの報告。 レスリーアドラー編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  ロシアの戦争遺跡日本の外交数年

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close