アメリカ、日本7-1を破った女子ホッケー世界選手権大会が開幕スポーツ

1 min read

ブラントン、オンタリオ州(AP) – アレックスカーペンターが2ゴールを決め、アメリカが水曜日に日本を7-1に破り、女子世界ホッケー選手権大会グループリーグを開催しました。

また、グループAでは、Ann-Renee Desbiensが11セーブを記録し、2回のディフェンディングチャンピオンのカナダは、5,000席CAAセンターで開かれた3,510人のファンの前で開かれた夜の試合でスイスを4-0で勝ちました。 グループBの初めに、Jenniina Nylundは、フィンランドがフランスを14-1に倒すのに役立つ3つの目標を設定しました。

はるか東子は、最初のピリオド8:14に日本の得点を始めた。 Megan Kellerは9:29に同点を記録し、Carpenterは最初のピリオドで5:14を残し、パワープレイで2-1にしました。

Carpenter氏は、「明らかに、私たちはどんなチームにもそんなに迅速に対応できるようにしたいと思っています。 「日本は素晴らしいチームです。 彼らはいつも私たちを大変にします。」

CarpenterとTaylor Heiseは2番目の序盤にゴールを追加しました。

川口梨子は三重茂原の第3得点に続き、ハンナ・ビルカ、アベイ・マーフィー、新主張のヒラリー・ナイトにゴールを決めた。 Knightもアシスト2個、Carpenterもアシスト1個。

ナイトは「この部屋にいて、それを導くことになったのは素晴らしい栄光です。本当にすごいです」と言いました。 「毎日見せたい人です」

Aerin Frankelは、イベントの最初の出発でアメリカ人のために12セーブを記録しました。 Tessa Janecke、Gabrielle Hughes、Rebecca Gilmore、Haley Winnがシニア代表チームにデビューしました。 JaneckeはKellerの同点ゴールをアシストし、Winnは3ピリオドで2つのアシストを記録しました。

ジョン・ロブレフスキー、米国監督は、「トーナメント初勝利を収めたことが嬉しい。 「私はラインナップの上下に強力なスケーターがあると思いました。 ベテランと青少年の混合、活気に関連して強調点です。 私たちはシフトごとにゲームを最大限に活用していることを確認したいと思います。 それはチームと個人への功績です。」

アメリカは金曜日にスイスと対決します。

Natalie SpoonerとSarah Nurseはそれぞれカナダでゴールとアシストを記録し、Spoonerは息子Ryanを産んで120日後にプレーしました。

9番目の世界選手権大会に出場したSpoonerは「すばらしかった」と言いました。 「チームの仲間たちと一緒にそこに帰るだけで神様が出ました」

Rebecca JohnstonとSarah Fillierも得点しました。

フィンランドのルーターでは、ペトラ・ニミネン、エミリア・ベッサ、ヴィヴィ・バイニカがそれぞれ2ゴールを決め、サンニ・アホラが12個のシュートでゴールを許した。 Estelle Duvinがフランスで得点しました。

著作権2023 AP通信。 すべての権利を保有。 この資料は、許可なく投稿、放送、書き換え、再配布することはできません。

READ  ミカエル・キングスベリー(Mikaël Kingsbury)が北京オリンピックの後、初大会でデュアル大物金メダルを獲得
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours