トップニュース

アメリカ、東京オリンピックに先立って、日本の「旅行禁止」勧告緩和

火曜日国務省は、東京オリンピックを控えコロナウイルス感染症を抑制するのに苦労しながら、警告を最高レベル4に上げてからわずか2週間後に米国市民に日本を旅行していないよう警告する勧告を緩和しました。

疾病管理予防センターの最近の評価を反映して、この部門は、日本をレベル3に戻してアメリカ人が「旅行を再考しなければなら「目的地を表示しました。

月曜日、CDCは旅行健康通知レベルを決定するために使用される基準を更新して、「重症の発生状況がある国をCOVID-19拡散が継続だが、制御された国と、よりよく区別」しました。

CDCは現在、日本が「非常に高いレベル」ではなく「国内で高いレベルのCOVID-19レベル “を持っていると見ていると明らかにした。 この通知は、旅行者のアジア諸国に向かう前に、完全に予防接種を受けることを求めています。

最近の開発は、米国が5月24日の夏季オリンピックが始まるわずか二ヶ月前コロナウイルスの事例の増加により国務省が旅行アドバイスをレベル4に上げたとき、日本全域に波紋を見せた後、出ました。

当時一段階アップグレードされたのは、また、日本が「非常に高いレベルのCOVID-19」に直面したと表示されたCDCの旅行健康告知のためでした。

READ  日本が芸術のハブになるための租税構造再調整

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close