トップニュース

アメリカ、1941年12月7日日本に宣伝

編集者注:毎週日曜日、The Dispatchは、新聞の発行150年を記念する歴史上、今週の最初のページとそれ以降に起こったことのいくつかの更新を提供します。

1941年、日本の真珠湾空襲で2,300人以上の米軍が死亡し、これは第二次世界大戦から国を引き出した攻撃でした。

その日生き残り、後にグレーター・コロンバスに再定住したベテランの一人がミルトン・マポウでした。

Mapouの物語はThe Dispatchで2回以上言及されました。

彼はクイーンズのロカウェイビーチ地域で育ち、1940年に盗撮の仲間として米海軍に入隊しました。 真珠湾の攻撃があった朝、空が飛行機でいっぱいになったとき、彼は朝食トレイをいっぱいに満たしました。 彼は逆さまに走った。

彼は一度ディスパッチに「上を見上げるとこの飛行機が来るのを見た」と話した。

Mapouの船であるUSS Detroitは攻撃から生き残り、とにかく物理的に怪我をしませんでした。

[1945年4月6日、沖縄海戦で2つに分割され、沈没したUSSPringleに再配置されました。麻浦はその攻撃でかろうじて生き残った258人のうちの1人でした。彼の体は散らかり、ほとんど死んだままに浮かぶままで、数時間後に他の船の船員が彼を水から取り出した。

マポウは最終的にコロンブスの南側に引っ越し、そこから彼は前面パネルに「ピールハーバーサバイバー」が縫い付けられたボールキャップをほぼ常に着用することがわかった。

彼はディスパッチ記者に、その日の恐怖と犠牲を人々が覚えたかったので帽子を書いたと述べた。

麻浦は2019年97歳で亡くなりました。 彼はアーリントン国立墓地に埋葬されました。

READ  社会:ニュース:読売新聞オンライン

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close