アメリカでは、彼のサイトは虐殺につながっています。 日本では、彼はスターです。

Estimated read time 1 min read

2004年2chanは、不運なオタクが夢に描いた女性を救うようにユーザーがどのように助けたかを示す掲示板の投稿集である「Train Man」の発行で主流となりました。 この物語は、ベストセラーの本、ブロックバスター映画、人気テレビ番組になりました。 2chanを日本で最もトラフィックの多いサイトにしました。

ほとんどのユーザーが趣味について話したり、仕事について不平を言っている間、他のユーザーは殺人を脅かし、爆弾の脅威を投稿し、無謀な陰謀論を作成しました。 日本の戦争犯罪を否定する極右利用者たちの文が氾濫し、全国的に惚れた嫌悪が拡散することに一助した。

西村氏は、月に最大100,000ドルを稼ぎながら、サイトで膨大な利益を得たため、コストを避けることも上手になりました。 自分のアカウントで、彼は2chanの投稿に対して100回以上訴えられました。 彼は裁判所の判決で少なくとも100万ドルを支払うことを拒否し、そうするための刑事罰が不足していることを指摘しました。

「私がお金を払わずに死刑になったら、そうします。 しかし、私が支払わなければ私に何も起こらないので、支払わないでしょう。

2chanに関連する他のすべてと同様に、西村に訴訟を避けることは「単なるゲーム」でした。 長年にわたり、2chan関連プロジェクトで西村と密接に連携している藤原恵一郎氏は語った。 福上さんは西村さんが横領の容疑で告発した後、名誉毀損で西村氏を首尾よく訴えた。

西村氏は、法と規制を避ける方法を考えるのに数多くの時間を費やしたと彼は言った。 2chanが使用するサーバーは、日本の法律の影響を受けない米国に基づいています。 ある時点で、西村氏は、税金の免除を受けるためにサイトを宗教団体として宣言することを検討したとFukami氏は述べた。

「彼はいつもルールの端で動いていた」と彼は付け加えた。

2chanの評判コストが増加するにつれて、西村氏は距離を置こうとしました。 2009年初め、彼は突然サイトを売ったと発表し、人脈​​を壊した。 彼は「2chanを捨てた理由」という本を書いた。

READ  宮崎監督「少年とワゴリ」、日本アニメ巨匠初のボックスオフィス1位
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours