アメリカと日本、皇室と共にフルブライト70周年記念イベント

Estimated read time 1 min read

東京 – 7月1日東京駐在アメリカ大使館は天皇と皇后陛下、駐日本大使館Raymond Greene外交部次官が参加した特別祝賀イベントで日米フルブライト交流プログラム70周年を祝いました。 森武雄次官補、文部科学省次官補兼国際局長岡村直子。 1952年に設立されたFulbright Japan交換プログラムは、世界で最も権威のあるFulbrightプログラムの1つであり、10,000人の日本と米国の交換同門を含みます。

何十年もの間、天皇と皇后は毎年10周年記念イベントに参加し、日米教育協力の支援を示してきました。 また、今年のお祝いイベントには、フルブライトジャパン交換プログラムの民間寄付者の一部が参加しました。 その中には、Abitus社長MIWA Toyoaki「Tony」、Seiko Watch NAITO Akio社長、最近アメリカで単一の寄付で最大の寄付を発表したGlen S. Fukushimaがあります。 アメリカ – 日本フルブライト交換プログラムの市民です。

記念日のイベントでスピーチ中、Greene Chargé d’Affaires GreeneはFulbrightが私たちの国と国民に与える影響を高く評価しました。 彼は、「韓米同盟を通じた安全保障協力であろうと、事業を通じた経済的機会創出であろうと、共有価値の増進であろうと、米国と日本はこれまで以上に近づいた。 今日、私たちが達成するすべては、フルブライトプログラムにある程度根を置いています。 フルブライトプログラムの参加者たちは、インドの太平洋とその先に私たちが擁護する平和と繁栄に貢献しました。

フルブライト委員会の共同議長兼文部科学省次官補岡村直子(OKAMURA Naoko)は、創立70周年について「最近の国際社会は数多くの課題に直面しており、米国は世界の平和、安全保障、繁栄のためにはるかに重要です。 フルブライトプログラムは、両国の次世代リーダーの育成に大きな役割を果たすことを期待しています。」

フルブライト交換の同窓会はそれぞれの分野で大きな貢献をしており、彼らが作る関係と協力は日米関係の全範囲を支えています。 日本のフルブライト東門には、ノーベル賞受賞者4名、フィルズ賞受賞者1名、政府長官および大学総長が含まれます。

Fulbright Japan交換プログラムの詳細については、日米教育委員会のWebページを参照してください。 www.fulbright.jp

READ  米国株式は大幅に上昇し、原油価格が底を回復します。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours