アメリカのインフレ楽観論の中で日本の日経技術株の上昇

Estimated read time 1 min read
読売新聞資料写真
東京証券取引所

東京(ロイター) – 米国の消費者物価により、9月の連邦準備銀行(Fed)の金利引き下げに対する市場期待が高まった後、技術主が海外の同種株を追いつき、木曜日の日本日経平均株価が上昇しました。

水曜日に綿密に観察された米国CPIレポートは、4月の物価が予想より少なく上昇したことを示しており、インフレが下落傾向を再開したことを示唆しています。

これは投資家に引き続き買収できる清信号を与え、ウォールストリートの3大主要指数が一晩の記録を終えました。

アジアの間、肯定的な心理が続き、日経指数は正午まで0.74%上昇した38,669.57を記録しました。

Capital.comの上級金融市場アナリストであるKyle Roddaは、「安心感のある雰囲気です」と述べた。

「他に何もない場合(水曜日のCPI)は、追加の印象の必要性についての真剣な議論がテーブルから消えたと言います。」

技術主は木曜日、S&P 500の金利に敏感な技術主が部門の上昇を主導した後、米国の同僚の上昇傾向に支えられ、大きな割合を占めました。

しかし、米国CPIによる円高の影響により、指数比重の高いトヨタ自動車を含む輸出関連株価が2.4%下落した。

ホンダ車と鈴木車もそれぞれ2.7%、3.5%下落して下落傾向を見せた。

より広いTopixは2723.69で0.26%下落しました。

しかし、34年ぶりに円が最も弱いため、通貨介入のリスクにより投資家が警戒心を持つようになり、日本政府の収益率の上昇も負担しているとCapital.comのRoddaは語った。

「このリスクが減るにつれ、日経は上昇傾向を更新するために必要な明確な空気を持っています。」

その他個別種目の中では、チップ関連株東京エレクトロン(3.3%上昇)とアドバンテスト(3%上昇)が日経指数の284ポイント近く跳躍するのに約157ポイントを報じた。

AI中心のスタートアップ投資家ソフトバンクグループ(SoftBank Group)が2%上昇した。

一方、リクルートホールディングスの株価は採用代理店と出版社の肯定的な売上発表により6.6%上昇しました。

三菱UFJフィナンシャルグループは、水曜日の第4四半期の利益が予想よりわずかに減少したにもかかわらず、5.4%下落しました。 当社は今回の会計年度に小幅の利益成長のみを予想しました。

READ  日本最大の建設会社である小林、新独占自動タワークレーンシステムでInnovizのLiDARを選択
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours