スポーツ

アメリカの体操アメリカのT&Tプレーヤーは、2022 AEREワールドカップで2つの金メダルを含む6つのメダルを獲得し、AEREトランポリンカップで14のメダルを追加で獲得します。

©フィリポトマシー

リミニ、イタリア(2022年5月29日) – アメリカのT&Tシニア代表チームのメンバーであるMiah Bruns(イリノイ州クレタ/ワールドチャンピオンセンター)とSarah Webster(ラファイエット、ラファイエット/トランポリン、タンブリングエクスプレス)が女性タンブリングと女性トラム1位を獲得しました。 、それぞれ2022 AEREワールドカップが土曜日にイタリアリミニで幕を閉じました。 全体的に、アメリカのシニア選手は6つのワールドカップメダルを集めましたが、17〜21歳のグループに参加したジュニア選手は金曜日に閉鎖されたAEREトランポリンカップで14個のメダルを追加しました。

Tomas Minc(メリーランド州シェビーチェイス/ダイナマイト体操)とTasha Williams(イリノイ州フィオリア/世界チャンピオンセンター)はそれぞれ銀メダルを獲得し、Shelby Nobuhara(ユタ州メープルトン/ハイアルティチュード)は女性ダブルミニ世界銀メダリストです。 トランポリン、銅メダル獲得。 WebsterとパートナーのNicole Ahsinger(Lafayette、La. / Trampoline、Tumble Express)は、女性シンクロナイズドトランポリンで準優勝を獲得しました。

2022年に新しく導入された国際体操連盟(International Gymnastics Federation)は、1回目の通過後、上位4人が勝者独特の2次ラウンドに進出するアップデートされたタンブリングとダブルミニ決勝形式を実装しました。 新しいシステムで競い合うと、Brunsは土曜日の女子タンブリング決勝で決定的な2回目のパスを渡し、金メダルを獲得しました。 彼女の25.200はウィリアムズの22.700を超え、アメリカ人は1-2で終わった。 Jill Papenhause(Tremont、Illinois / Central Illinois Gymnastics Academy)は、金曜日の予選で合計44.900で9位になりました。

男子代表チームでは、2回世界個人銅メダリストのKaden Brown(Herriman、Utah/Wasatch Trampoline and Tumble)が最後のパスでミスをした後、7月の世界大会を控え、最後の国際競技で4位になり、授賞式で終えました。 最終スコアは20.100ポイントです。 Dominic Dumas(Athens、Ala./Air Extreme)は27.100で5位でした。 オーストラリアのEthan McGuinnessが30.100にリードしています。 Patrick Lyell(Kenner、La. / Elmwood Gymnastics Academy)とAlec Pelezo(Magnolia、Texas / World Champions Centre)は50.700と49.100のスコアを記録し、予選期間中7位と9位を獲得したが、2人の選手が土曜日の決勝戦に進出できませんでした。 – 国別制限。

ウェブスターの53.400ノーズドイツのレオニーアダム女性トランポリン個人金メダル。 Jessica Stevens(Ellicott City, Md./Fairland Gymnastics)も個人決勝に進出して7位に滞在しました。 この日の午前、女子シンクロでは、Websterと2回オリンピックに出場したAhsinger(45.860点)が46.430点でタイトルを獲得したジョージアのAnano ApakidzeとTeona Janjgavaだけに勝った。 金曜日の個人予選で、Maia Amano(Honolulu、Hawaii/Fairland Gymnastics)が準決勝に進出し、51.470で13位になりました。 アシンガー(49.570)は37位だった。

57.290点の決勝点でアメリカ男子トランポリン代表を率いたコーディ・ジェス・エリー(アラバマ州ハンツビル/メリノ・トランポリン体操アカデミー)は、銅メダリストであるデンマークのベンジャミン・キャル(57.360点)にただ時代から押された。 日本のYasuhiro Ueyamaが58.520で1位を占めました。 Aliaksei Shostak(Lafayette、La. / Trampoline、Tumble Express)は土曜日の決勝戦で56.920、6位を記録しました。 Elijah Vogel(Longmont、Colo. / Elevated Trampoline Sports Academy)は56.130で準決勝で10位になりました。 Isaac Rowley(Allen、Texas / Eagle Gymnastics Academy)は、開幕ラウンドで55.370ポイントで26位を獲得しました。 GesuelliとVogelは男性シンクロで8位でした。 日本の堺涼介と雲野宏(51.650)が2人乗りの試合で金メダルを獲得した。

ダブルミニ選手MincとChanga Anderson(Washington, DC/Silver Stars Gymnastics)はいずれもMincが28.200で銀メダルを獲得した4位決勝戦に進出した。 金曜日最高得点の29.400点の予選パスを渡したAnderson(23.300点)は4位に上がりました。 スペインのDavid Francoが28.800点で1位を獲得しました。 ハンター・モラベック(イリノイ州ダウナーズ・グローブ/エリート・スポーツ・コンプレックス)は予選で5位だったが、国家当たり2人の選手ルールにより進出できなかった。

Nobuharaの最終パスは25.500ポイントを獲得し、銅メダルを獲得し、2回のチームダブルミニワールドチャンピオン、Tristan Van Natta(Marysville、Ohio / Integrity Athletics)は25.100ポイントで5位を獲得しました。 カナダのガブリエラ・フリンは26.100に基準を設定しました。 Aliah Raga(Denton, Md./Dulles Gymnastics Academy)は50.200で5番目に高い予選スコアを記録したが、米国の2つの決勝戦進出権を獲得したチームの仲間であるNobuharaとVan Nattaに続きランキングが低い。

13歳から21歳までのアメリカの体操選手18人が今週フィエラ・デ・リミニで活動し、13人がハードウェアを持って家に帰ります。 アメリカ人は女子17-21と13-16トランポリン、女子13-16タンブリング、男女13-16ダブルミニでAEREトランポリンカップ賞を受賞し、女子タンブリングと男子ダブルミニ大会でメダルスタンドスイープを完了しました。 。

Rosalie Thongphay(San Tan Valley, Ariz./USA Youth Fitness Center), Brooklyn Jolley(West Haven, Utah/Northern Star Bounder), Amelia Gasper(Delavan, Ill./Central Illinois Gymnastics Academy)が1、2、3位を獲得占めた。 女性13-16のタンブリング部門は、それぞれ46.100、45.200、44.600のスコアの後ろにあります。 チームメイトのLondon Hunt(Spring、Texas / World Champions Center)は43.000で4位でした。

Xavier Harper(Oak Ridge、Tenn./Premier Athletics Knoxville)とAmare Walker(Watchung、NJ/Cavu Trampoline and Tumble)は、男性部で銀メダルと銅メダルを追加しました。 Harperは48.400で2位、Walkerは45.400で3位を占めました。 アゼルバイジャンのBilal Gurbanovが48.500点で男子タンブリングスコアシート1位を占めたのに対し、American Micah Miner(Glen Carbon, Ill./Kris Power Tbling)は、43.100点で授賞隊を抜け出した4位を記録しました。

Minerの52.700は男13-16ダブルミニ決勝戦でスピードを上げました。 Will Cockrill(Plano, Texas/Flip Factory)は50.600で銀メダルを獲得し、Max Poveda(Rancho Cucamonga, CA/World Elite Gymnastics)は50.100で3位を獲得し、アメリカ人に2番目に上位3位になるスイープ記録しました。

女子13-16ダブルミニマッチで、Jackie Kent(Downs Grove、Ill。/ Elite Sports Complex)はアメリカのもう一つの金メダルを獲得しました。 Her 50.600は銀メダルを獲得したThongphay(50.400)を先ほど進めました。 Leah Edelman(Holmdel、NJ / Elite Trampoline Academy)は47.400で4位でした。

Peyton Brown(Round Rock、Texas / Tumble Tech)とAva Hernando(Holmdel、NJ / Elite Trampoline Academy)は、17-21女性のトランポリンで1-2を記録しました。 ブラウンは50.250でフィールドをリードしました。 Hernandoは49.740で、その後に続いた。 参加した4人のアメリカのトランポリン選手は皆女子13-16決勝に進出しました。 Leah Garafalo(Cream Ridge、NJ / Elite Trampoline Academy)は51.450で金メダルを獲得し、彼女のクラブの同僚であるAva DeHanes(Holmdel、NJ)は51.200で銀メダルを獲得しました。 Rayleigh Huette(Weimar、Texas/Victoria Gymagic Inc.)は48.920点で4位、Edelman(26.150点)は8位を記録しました。 DeHanesとHuette、EdelmanとGarafaloのペアは、13-16女子シンクロナイズドトランポリン戦でそれぞれ5位と7位を記録しました。

Jace Williams(アリゾナ州ケーブクリーク/ノースバレー体操)は、男性17-21トランポリン予選で13位に上がりました。 ブルガリアのMaksim Angelov(52.930)が部門1位を占めました。 Cockrillは男子13-16決勝戦で50.310で4位になりました。 チームメイトのGavin Britton(ネバダ州ベニントン/Premier Gymnastics)とMinerは、男性13-16予選で10位と11位でした。 ハーパーは19位を記録しました。 アゼルバイジャンのMagsud Mahsudovは55.860で、13勝16敗のタイトルを獲得しました。 BrittonとCockrillのデュオは13-16人のシンクロで7位になり、HarperとMinerは予選で9位を記録しました。

アメリカのトランポリンとタンブリングシーズンは6月21日から25日まで続き、アイオワ州デモインで開催されるアメリカの体操選手権大会で全国チャンピオンが選ばれます。 ファンアメリカン選手権は6月26日から28日までブラジルのリオデジャネイロで開催されます。 ワールドゲームは7月15日から17日までアラバマ州バーミンガムで開催されます。

READ  遅延ユーロ2020、ついにキックオフ準備

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close