スポーツ

アメリカの水球監督Adam Krikorian、Dejan Udovicicを維持

女子水球で前例のない3連オリンピック金メダルを首にかけたAdam Krikorianは、USA Water Poloが2024年夏季オリンピックまで契約を延長した後、パリで4回目の大会に進出します。

男監督のデヤン・ウドビーチもパリを通じて契約を延長した。 男性は昨夏、東京で6位になり、過去25年間、オリンピックトーナメントで2番目に良い成績を収めました。

「米国の水球は、私たちの代表チーム監督2人の復帰を発表することができてとても嬉しいです。 安定性はチーム構築において重要であり、私たちのプログラムのリーダーをそのまま維持することは、過去4年間の努力に基づいて構築するのに役立ちます。言いました。

「専門的に、彼らはその分野の専門家でありリーダーであり、国際的に私たちのゲームに深くつながっています。 個人的には、私に多くのことを教えてくれました。 パリへの2年半の道は、私たちのコーチが残っているよく舗装されています。

元UCLA選手でコーチだった47歳のKrikorianは、2009年に就任して以来、女子プログラムを大物級にしました。 アメリカの女性は、3つの連続オリンピックタイトルに加えて、4つのFINA世界選手権大会(2009、2015、2017)で優勝しました。 、2019)、3つのFINAワールドカップ(2010、2014、2018)、3つのファンアメリカンゲーム(2011、2015、2019)、11個のFINAワールドリーグスーパーファイナル優勝(2009-2012、2012、20また69個で女子水球連続優勝に対する現代記録を立てた。

クリコリアンは声明を通じて「この優れた女性たちをコーチする機会と、このプログラムを導いていくのを助けた栄光を当然とは思えない」と話した。 「2024年のパリで期間が短縮され、ロサンゼルス2028年に目を覚ました状態で、今後の作業は広範囲で、間違いなく刺激的だろう」

元セルビア選手で監督の51歳のUdovicicは、2008年以降、アメリカ初の男子水球メダルを与えようとしています。 彼は8年間、2015年と2019年のファンアメリカンゲームでチームを金メダルに導きました。 2016年と2021年のFINAワールドリーグスーパーファイナルで銀メダル。

男子と女子チームの次の主なイベントは、2022年5月13日から29日まで日本の福岡で開催されるFINA世界選手権大会です。

READ  日本の五輪代表がIOAに手紙を送り、東京オリンピックが予定通り行われるだろうと確信してい| 東京オリンピックニュース

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close