スポーツ

アメリカ人男性サッカー、2022年FIFAワールドカップ日本との最初の親善試合で敗北 – NBC Chicago

USMNT、2022年FIFAワールドカップ親善戦で日本に2-0敗北 もともと登場した NBCスポーツシカゴ

米国男子サッカー国家代表チームが20日午前、ドイツ・デュッセルドルフ・メルクール・シュピル・アリーナで開かれた日本との2022ロシアワールドカップ初の親善試合で2-0で敗れた。

神田大一は、試合序盤日本を得点王にして全般24分得点した。 Team USAは次の50分間、攻撃に多くのものを作成できませんでした。 実際、日本との親善試合が始まってから75分で、アメリカはわずか3つのシュートを生成しました。

ゴールキーパーMatt Turnerは、守備でUSMNTを率いて6つのセーブを記録し、日本の攻撃的な攻撃の連続シュートにもかかわらずゲームを閉じました。 これらの試合は、おそらくTurnerがカタールでチームの前にゴールキーパーとしての地位を強調したことでしょう。

しかし、試合後半88分、水戸薫がレジキャノンをドリブルして右足ゴールを破り、日本はカウンターで米国代表チームを抜いて2-0に先んじた。 中山裕太がアシストをしました。

ワールドカップ放送であるAndrés Cantorは、2022 FIFAワールドカップでアメリカ人男性チームの機会についてのこの考えを共有し、赤、白、青のすべての違いを生み出すことができると思う限り、選手を識別します。

アメリカ人は9月27日火曜日に開催される2回目のワールドカップの親善試合でサウジアラビアと対戦します。

READ  サッカー - 日本、中国のデッドロック後に東アジアのタイトルを維持

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close