スポーツ

アメリカ人男性4×400決勝、印象的な日本の眼球メダルクルーズ

オレゴン州ユジン、7月23日(ロイター) – 男子4x400m界主の世界強大国であるアメリカは、2つの準決勝のうち1次戦で影チームが1次に完勝した後、土曜日の世界選手権大会決勝戦で印象的な姿を見せました。 。

米国は、スプリントリレーチームをしばしば嫌がらせた指揮棒事故を避けることで、過去8つの世界タイトルのうち7つと過去10のオリンピック金メダルのうち8つを獲得しました。

Elija Godwin、Veron Norwood、Bryce Deadmon、Trevor Bassittは2分58.96秒を記録した。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

中島ゆきはトリニダードトバゴを抜いてジャマイカを抜いて2位を獲得するために強力な最後の橋を走りました。 三人とも通過したけど。 日本は世界選手権大会やオリンピックでメダルを獲得したことがありません。

常緑樹のボリー兄弟DylanとKevinのあるベルギーが2回目の準決勝で優勝し、チェコ、ポーランド、フランスも進出した。

昨年、オリンピック銅メダリストのボツワナが2次戦を控えた2次戦で先頭を走っていたが、バトンを下ろして希望を破った。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Mitch Phillipsによる報告、Peter Rutherfordによる編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  「腸内細菌事業」経営者・鈴木啓太「人生正反対」のカズとヒデ東京学んだものとは - Jリーグ - Number Web

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close