アメリカ人Schauffele、Morikawa、Fowlerは、Ryder Cupで3週間前に敗北した後の最初のイベントに参加します。

Estimated read time 1 min read

Xander Schauffele、Colin Morikawa、Rickie Fowlerは、3週間前にイタリアでアメリカチームがヨーロッパチームに一方的に敗れたため、個人的な後遺症がないことを望み、ライダーカップ以来初めて試合に出た。

日本唯一のPGAツアー大会であるジョゾチャンピオンシップ(Zozo Championship)は、3大会ともに日本と家族関係を結んでおり、友好的な大会だ。 特にシャウペレは2年前東京オリンピックで金メダルを獲得した後、気分が良い。

森川は銅メダルを置き、プレイオフで台湾のCTパンに敗れたことはあまり多くありません。

森川は水曜日、東京郊外のアコーディア・ゴルフの奈良野カントリークラブで行われた78人の選手が参加するノーカットトーナメントの前日に「何も繰り越されませんでした」と語りました。

「私の言葉は、ライダーカップがそうで、それが最終結果でした」と森川は言いました。 「このような週に、ライダーカップで敗れたことに対する怒りは長続きしません。 2つは異なるものです。 一つはチームイベントで、これは一般的な個人ゴルフです。」

森川とシャウペレは4試合でそれぞれ1点しか得なかった。 ファウラーは両方の試合を打ち、両方の試合に敗れた。 Schauffeleはイタリアでの彼のプレーは大丈夫だったが、「すばらしいわけではない」と説明しました。

シャウペレが尋ねた。 彼の父 StefanがRyder Cupで行った発言について、これは本質的にプレイヤーが報酬を受けなければならないことを意味します。 問題は以前に提起されました。

Schauffeleは詳細に説明しなかったが、父が言うのが好きではないと言った。

Schauffeleは、「私は状況がどのように歪んでいるかを知っているので、彼がメディアと話しているという事実にあまり興奮していませんでした」と言いました。 「Stefan Schauffeleは、トーナメントが賢いことを目的としている場合、プレイヤーはお金を稼ぐべきだと具体的に言いました。 彼はまた、それが慈善であるならば、慈善イベントである可能性が最も高く、すべてが寄付されるべきだと言いました。

ライダーカップには何百万ドルかかり、プレーヤーはアメリカのPGAに持分がありません。

ファウラーはライダーの経験が楽しかったが、敗北ではなかったと述べた。

「私の考えでは、あなたは本当にそれを消したことがないと思います」 彼は言った。 「私が言ったように、それはまだ驚くべき週です。間違った面では面白くありません。」

「私たちは失われた記憶を後にしたい」と彼は付け加えました。 「しかし、私たちがチームメンバーと主張と一緒にした思い出と一週間全体を振り返ってみると、まだ楽しいことです」

防衛 ZozoチャンピオンKeegan Bradleyがジャンプスタートしました。 昨年日本大会で優勝し、PGAツアー4年ぶりに優勝を獲得した。 彼は4ヶ月前トラベラス選手権で優勝しました。

「昨年、Zozoを始める前に、私は食習慣に大きな変化を与え、ゴルフをする方法に変化を与えました。 私が監修したのは危険で、成果がありました。 今回の大会が再びここに戻り、多くの良い思い出を繰り返すことになった」と話した。

___

APゴルフ: https://apnews.com/hub/golf

READ  今後の大規模スポーツイベントの透明性を確保するために設立された機構
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours