アメリカ偵察ドローン、地元の反対にもかかわらず沖縄に移転

Estimated read time 1 min read

日本政府によると、駐日米軍が九州南西部地域に臨時配置した偵察ドローン作戦部隊を現地反対にもかかわらず沖縄に移転したと日本政府が明らかにした。

木原みのる防衛賞は今月初め、記者たちにMQ-9リッパー(MQ-9 Reaper)無人機8台が南部島にある米ガーデナ空軍基地で作戦を開始し、無期限にそこに駐留すると述べた。

MQ-9は昨年11月21日、ガーデナ基地から北東に約600km離れた鹿児島県南西部海上自衛隊の加野屋空軍基地に1年間暫定配置された。

READ  日本、インドネシア、ザンビア旅行者のための国境管理強化
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours