エンターテインメント

アラリプとアニーが出会うステージ

インド・日修交70周年文化イベントに登場するダンス、音楽、ドラマ

インド・日修交70周年文化イベントに登場するダンス、音楽、ドラマ

70周年を記念してインド・日本商工会議所と日本チェンナイ協会は8月6日の夕方文化公演を組織しました。 記念日でもあります。 惨めな広島・長崎原発攻撃の惨状を記念するこのイベントは、恐怖を通じて生き残った人類と文化の力を記念することでした。

その日の夕方、チェンナイカラオケバンド(CKB)とIJCCI語学院の学生たちが公演を繰り広げ、多賀雅之日本総領事も一緒にトランペットを演奏しました。

「インドと日本の関係が今より強かったことはありませんでした。 人と人の相互作用が多く、お互いをよりよく知っているので、この種のプログラムが好きです。 特に日本語を学んでいるインドの学生たちの公演を聞くことができて嬉しいです。 彼らの日本語も素晴らしいです。」と総領事館は言いました。

インド – 日本文化の夜で演奏する学生は最近チェンナイで行われました。 | 写真提供:SRINIVASAN KV

エレガントなBharatanatyam公演でショーを開始し、IJCCI Language Schoolの学生であるSarishma Sreejathは、インドのパフォーマンス芸術の芸術と遺産を描きました。 彼女はインド文化の豊かさを反映した厳粛さと優雅さを呼び起こすアラリップとウラガム・プガズムを演奏しました。

次に、ドラムの加藤荒田、キーボードの熊井コスケ、ギターと坂本吉幸、ギターとベースの田中重彦と野瀬雅明、ボーカルのミルラ新一郎とニラザサンダーラザンで構成されるチェンナイカラオケバンド共通。 トランペットを演奏するTaga Masayukiは、IJCCI語学学校の学生の一部が日本語で演奏して歌っているのを見ました。 注目すべき公演はJohn Denverの常緑樹「Take Me Home, Country Roads」を日本語に翻訳したものでした。

最近、チェンナイで開かれたインドの日本文化の夜。

最近、チェンナイで開かれたインドの日本文化の夜。 | 写真提供:SRINIVASAN KV

登場人物が日本語の舌ツイスターでだけ会話するユーモラスな村劇に続き、観客が参加するタングツイスターゲームが続いた。 彼らは日本語や英語で話す機会を得ました。

日本で世界的な注目を集めたアニメ文化現象は、ユリオンアイス、ナルト、フルメタルアルケミスト、Kオンなどの有名なアニメの曲でいっぱいのミュージカルドラマの形をとりました。 さまざまな成長段階を通して、十代の人生を見せました。 結局、ユリオンアイスが言ったように、私たち全員が歴史を築くために生まれました。 私たちは歴史から学びます。 私たちはそれを持ち歩き、歴史を作り直す力を持っています。

READ  今週、国際オリンピック委員会(IOC)がユタに来る

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close