経済

アリが持株会社検討、金融事業は、銀行などの規制対象と – 関係者 – Bloomberg

写真家:Qilai Shen / Bloomberg

中国のピンテック企業、アップデートグループは、複数の金融関連事業を持株会社の下に置くことを計画している。 事情に詳しい消息筋が明らかにした。 この持株会社は、銀行のような規制を受ける可能性が最も収益性の高い部門の成長が抑制されることができる。

非公開情報としながら関係者が匿名を条件に述べたところによると、アリは、金融ライセンスを必要とする部門をすべて持株会社に移ることを考えている。 計画はまだ協議中に変更される可能性があるという。 アリは言及を避けた。

関係者によると、アリが持株会社の下に整理することを検討している事業は、資産運用サービスは、消費者ローン、保険、決済、アリが大株主であるオンライン銀行のウェブ上の銀行(マイバンク)が含まれる。 金融持株会社という構造で蟻の事業は、より厳格な資本規制を受けて、ここ数年に報告された速度での融資と事業拡大が制限される可能性がある。

中国当局は27日、蟻にリストラ計画を用意するように指示した。 アリババグループを頂点とする馬雲(ジャック・マー)氏のオンライン金融帝国の勢力を抑制しようとする措置の一環である。 当局は、事業分割を直接要求していなかったが、蟻は「構造調整の必要性を理解する “ことが必要であると、中国人民銀行は主張して、なるべく早く再編スケジュールをように要求した。

ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリストフランシスチャン氏(香港勤務)は、「成長は大きく鈍化するだろう」と、資産運用と消費者金融を含む決済以外の事業取引額が最大75%下がる可能性を指摘した。

原題:
Antは、銀行のよう規制でMull Holding Companyに語った(抜粋)

READ  「プッシュ株式」韓国BTS週4日半額に100万円が50万円になっても、「投資と愛」は両立するか(山崎俊輔) - 個人 - Yahoo!ニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close