経済

アリババが「ウイグル人を識別するための顔認識クラウドサービス」を提供していたと指摘し – GIGAZINE



中国はイスラム教を信じる少数民族ウイグルを厳しく取り締まっている世界中で非難されており、監視カメラやマルウェアなど新疆(心境)ウイグル自治区ウイグルを監視していたことも明らかになっています。新しい調査を介してメインECサイトやクラウドサービスを展開するアリババこの「ウイグル人を識別するための顔認識ソフトウェア」を開発したことが明らかになりました。

サービスとしてのAlibaba Uyghur認め
https://ipvm.com/reports/alibaba-uyghur

アリババのソフトウェアは、ウイグル人の顔を見つけることができる。 中国の顧客に言った-The New York Times
https://www.nytimes.com/2020/12/16/technology/alibaba-china-facial-recognition-uighurs.html

アリババは、お客様にウイグル人を識別するために顔認識を提供したと報告書は述べている。 アリババ| プロテクター
https://www.theguardian.com/business/2020/dec/17/alibaba-offered-clients-facial-recognition-to-identify-uighur-people


中国ウイグル人弾圧はますます強くなっていることが知られており、ウイグル強制収容所が急速に拡大している指摘されており、強制収容所で拷問と洗脳が行われていることも証言されています。

中国の強制収容所で拷問と洗脳を経験したウイグル人の証言 – GIGAZINE


また、中国はウイグル人の監視、最新の技術を投入しています。 2020年12月には、主要な通信機器メーカーHuawei社このAI大企業のメグ非と協力して、顔認識システムでウイグル人を追跡する「ウイグル人アラーム」を開発していたことが、米国を拠点とする調査会社のIPVMによって報告された。これらの報道を受け、Huaweiと広告契約を締結したFCバルセロナ所属アントワーヌ・グリーズマン選手がHuaweiとの契約を直ちに中止同じ影響も出てきています。

Huaweiが、中国AI大手Megviiと協力して、「ウイグル人アラーム」を開発していたことが機密文書で発見 – GIGAZINE


そして12月16日IPVMは、ニューヨーク・タイムズと協力して発表した報告書で、「アリババクラウドサービスがウイグル人の顔認識システムを提供した」と報告した。 アリババは、販売サイトのほか、中国最大のクラウドサービスも展開しており、2020年度のクラウドサービスの売上高は、56億ドル(約5800億円)となっています。

IPVMがアリババクラウド中国版APIガイドを調べた結果、顔認識システムで検出する顔の特徴の一つとして、 “是否是维族(ウイグルかどうか)」が含まれていること。 中国版APIガイドをGoogle翻訳し、次の図では、「Weizu:is it Uyghur(维族:是否是维族)」という文章を確認することができます。


ウイグル検出に記載されていた顔認識システムについてAPIガイドでは、アリババの “クラウドシールド」ソリューションの一部と記録されています。クラウドシールドは、インターネットコンテンツの監視に使用できるサービスであり、「ポルノ政治暴力テロ・広告・スパム」などのテキストや写真、ビデオ、音声を検出し、認識とのこと。 また、クラウドサービスの英語版APIガイドは、「ウイグル人の顔検出」機能に記録されておらず、この機能は、国内でのみ動作する可能性が高いとします。

IPVMはアリババクラウドシールドが導入されたウェブサイトからのウイグル人が写真を投稿したり、生放送を行ったりすると、顔認識システム “ウイグル人である」ということを確認し、内容を削除することができていると指摘した。 実際にウイグル人のコンテンツがクラウドシールドから削除された例は、確認されていないが、アリババクラウドサービスは、中国のさまざまなウェブサイトやプラットフォームで使用されています。

ウイグル人を識別するための顔認証システムのIPVMとニューヨーク・タイムズがアリババにコメントを求めたが、ウイグル識別機能について言及したAPIガイドが削除されたもの。 そしてアリババはIPVMとニューヨーク・タイムズに「ウイグル人の顔認識システムは、テスト環境でのみ使用され、外部に配置されたサービスは使用されなかった」と主張した。

しかし、アリババは、「テスト環境でのみウイグル顔認識システムが作動した」は、証拠を提示せずに実装されていない機能は、ソフトウェアの公式ガイドにあった理由を説明していません。 また、アリババは、「人種・民族的差別やプロファイリングは、アリババのポリシーに違反します」と主張したが、IPVMは「なぜウイグル人を識別するためのシステムをテストしたのか」という理由についてアリババは説明していなかったと指摘しています。

エフゲニー・ジョーフ

また、IPVM、中国のクラウドプロバイダーであるKingsoftクラウドもアリババと同じように「ウイグル人の顔を識別するためのシステム」をウェブサイトで紹介していた報道しました。 Kingsofft Cloudは、この指摘に対して人種による分類は、Kingsofft Cloudのポリシーに一貫性があり、問題のツールは、顧客に販売されていなかったと主張しています。

IPVMは「中国の警察がビデオ監視システムで、「ウイグル人の警告」を使用することは十分に文書化されています。 アルリババイ明らか人種差別的な技術を、広大なクラウドの顧客に提供することは、ウイグル人弾圧が法執行をはるかに超えて広がっていることを示しています」と述べた。

この記事のタイトルとURLをコピー

READ  ThermVac、日本の特殊真空で市場に進出

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close