理科

アルテミス1世は月に行って帰るために行くとNASAは明らかにした。

月曜日に実施したNASAの飛行準備状況のレビュー結果です。 このレビューは、現在フロリダにあるNASAのケネディ宇宙センター発射台に置かれているSpace Launch SystemロケットとOrion宇宙船からなる322フィートの高さ(98メートルの高さ)スタックの準備状態の詳細な評価でした。 。

Artemisチームは、8月29日月曜日午前8時33分(東部標準時)から午前10時33分(東部標準時)までの最初の2時間実行ウィンドウを目指しています。 バックアップの実行ウィンドウは9月2日と9月5日です。

飛行準備状態の検討後に「移動」することは、ミッションが順調に進んでいるという肯定的なシグナルですが、悪天候を含む飛行がパッドから落ちるときに影響を与える可能性がある来週にまだ要因があります。

離陸せずに発射のすべての段階をシミュレートしたウェットドレスリハーサル中に発射台でロケットの以前のテストラウンドの後、作業リストにほとんど残っていません。 NASAのArtemisミッションマネージャであるMike Sarafinは、発射日にチームがテストする未解決の項目があると述べた。

エンジンの熱を調整するために使用される水素キックスタートは、最終ウェットドレスリハーサル中には発生しなかったため、このプロセスは今や打ち上げカウントダウンのコンポーネントです。 ケネディ宇宙センターのArtemis I発射責任者であるCharlie Blackwell-Thompsonは、このテストは最終的なカウントダウンを控えて「ストップポイント」で発生すると述べました。

ロケットスタックは、車両組み立ての建物でアポロ時代の巨大なNASAクローラーの1つに乗り、4マイル(6.4km)に乗り、8月17日に発射台に到着しました。 まるでシャトルミッションとアポロサターンVロケットがかつてそうだったように。

引き分けアルテミス1号は月を越えて地球に帰還する任務に着手する。 一度発射されると、宇宙船は42日間130万マイル(210万キロメートル)を旅行する月の周りの遠い逆行軌道に到達します。 アルテミス1号は10月10日、サンディエゴ沿岸の太平洋に降ります。 オリオンの帰還は、地球に戻るどんな宇宙船よりも速くて暑いでしょう。

NASAによると、オリオン宇宙船は人間のために作られたどんな宇宙船よりも遠くに旅行し、月の裏を越えて40,000マイル(64,000km)に到達すると言います。

人は搭乗しませんが、Orionはおもちゃ、Apollo 11アイテム、3つのマネキンを含む120ポンド(54.4kg)のお土産を運びます。

Orionの司令官の席には、将来の人間乗組員が月の旅で経験することができるデータを収集するのに適したマネキンであるCommander Moonikin Camposがあります。 マネキンは、宇宙飛行士が発射および再進入時に着用できるように設計された新しいOrion Crew Survival Systemスーツを着用します。 スーツには2つの放射線センサーがあります。

このミッションは、2025年までに人間を月に戻し、最初の女性と有色人種を月面に着陸させることを目指すNASAのアルテミスプログラムを開始し、最終的に火星の人間探査のための道を開くでしょう。

Artemis Iはまた、ロケットと宇宙船が発射台に到着したときに設置されたいくつかの科学実験を行います。

今週、Artemisチームはミッションの無重力インジケーターとして機能する縫製スヌーピーのおもちゃをインストールするためにOrionのハッチをもう一度開きます。 宇宙船が宇宙の微小重力環境に達すると、スヌーピーは乗組員のカプセルを通して浮かび上がります。

ワシントンDCにあるNASA本部の副局長であるボブ・カバナは、米海軍士官学校で若いミッドシップマンだったとき、アポロ13号発射を見守ったことを思い出しました。

カバナは「ケネディ宇宙センターの所長や今の位置は捧げ、私が宇宙飛行士になるとは夢にも知らなかった」と話した。 「私はアポロ世代の産物であり、それが私たちにどのような影響を与えたのかを見ています.すべての作業を確認し、これを行う準備ができていることを知っています。」

READ  宇宙望遠鏡の観測データから描か「オリオンの谷」への旅行| sorae宇宙のポータルサイト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close