アレルギーシーズンによる日本経済の27億4000万ドル支出:レポート

Estimated read time 1 min read

東京、6月18日(IANS) 日本の今年の花粉アレルギーシーズンにより消費者支出が3,831億円(27億ドル)抑制されたと現地メディアが報道しました。

花粉の数値が高くなれば、1~3月の四半期の実質家計支出が平年比3,831億円減少すると、日経アジアは日曜日、第一生命研究所の最近の見積りを引用して報道しました。

研究所の東嶋長浜氏は、今回の研究では、より多くのアレルギー患者が家に滞在し、余暇や外食の消費を減らすと予想しているとXinhua通信が報じた。

日本政府は30年間、花粉の数を半分に減らすことを目標に去る5月の対策を講じ、花粉アレルギーを誘発することが知られている杉を伐採し、交換する作業を加速すると約束しました。 日本で。

岸田文雄日本首相は花粉アレルギーは多くの国民に苦痛を与える原因であり、効果的に解決されない社会問題だと長期的なアプローチが必要だと話した。 (1 日本円は 0.0071 米ドルと同じです.)

-IANS

整数/khz/



前の記事UPのバリアで猛烈死者数が54人に増加
次の記事改善されるAdipurush会話

代理店ニュースデスクは、Puja T、S Ghadashi、NN Sethiを含むチームメンバーで構成され、Indo Asian News Serviceなどの指定されたニュース代理店でニュース価値のある国内および国際コンテンツを選択して公開します。 コンテンツチームは[email protected]とソーシャルメディアプラットフォームの@glamshamで連絡できます。 詳しくはhttps://glamsham.com/disclaimerをご覧ください。

READ  CVCキャピタル、日本の大企業の東芝引数決定
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours