science

アングル:「風邪」ベース、中露コロナウイルスに不安 – ロイター

[토론토 / 시카고 31 일 로이터]- 中国とロシアでそれぞれ開発され、世界に広く知られるようになった新型コロナウイルスのワクチンは、1つの共通点が存在する。 不十分な効果しか得られない可能性である。 両国のワクチンも平凡な風邪のウイルスをベースに作成されている。 多くの人が感染したことがあるワクチンである。 これの効果を制限してしまう恐れがあると専門家らは指摘する。

<효과는 70 %에 닿지 않는 지적도>

中国人民解放軍のみの使用が承認されたカーンシノ・バイひたすらス(康希諾生物貝分公社)(6185.HK)ワクチンは、ヒトアデノウイルス5型(Ad5)の遺伝子組み換え操作によるものである。 ウォールストリートジャーナルは先週、会社が大規模な臨床試験を完了する前に、いくつかの国と緊急使用許可を得るための議論をしていると伝えた。

ロシア政府が8月ごく限られた試験だけで承認された窯プレーヤー記念国立疫学・微生物学研究センターのワクチンは、Ad5と他のより小さなアデノウイルスに由来する。

米国ジョンズ・ホプキンス大学のワクチン研究アナダービン氏は「Ad5すでに多くの人が免疫を持っている単純な理由で効果が心配だ。中国とロシアの戦略がよく分からない。効果の程度は、おそらく70%に届かないものであり、40 %かもしれない」とは何か他のワクチンが登場するまで、何もないよりはましだという論理であるか首をかしげ。

窯プレーヤー研究センターでは、2種類のアデノウイルス由来するワクチン技術を介してAd5免疫をめぐる問題が解決されるという立場である。

カーンシノグァ窯プレーヤー研究センターでは、すべてのコメント要請に応じなかった。 双方の研究者は、エボラのAd5由来のワクチンを開発した経験がある。

<표적 바이러스 잘못 우려도>

過去数十年を振り返ってみると、様々な感染症のためにAd5由来ワクチン投与実験が試みられてきた。 ただ、広く使用されている事例はない。 ワクチンは、遺伝子組み換え操作で無害化したAd5ウイルスが「ベクター(ベアラ)」になってターゲットウイルス、すなわち今回の新型コロナウイルスが持つ遺伝子を体内の細胞に運び込んでしまい、実際の新型コロナウイルスが攻撃してきたとき、免疫反応を起こさせる仕組みだ。

ところが、多くの人々は、すでにAd5に抗体を持っているので、免疫システムは、標的ウイルスがなく、このベクターを攻撃してしまい、肝心の効果を弱めることができる。

このような中、Ad5以外のアデノウイルスをベクターとして利用したり、他の遺伝子を運ぶメカニズムを使用しているいくつかの研究が進められている。 英国オックスフォード大学と英国アストラゼネカ(AZN.L)は、チンパンジーアデノウイルスを、米国ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)(JNJ.N)は、比較的まれなウイルス株の「アデノウイルス26型(Ad26)」をそれぞれベクトルとして挙げた。

カナダのマックマスター大学出身で、2011年にカンヌシノ最初のAd5由来ワクチン結核の開発作業に従事したZhou Xing博士。 彼のチームは、現在の吸入式のAd5由来新型コロナワクチンを開発中である。 この方法で、人体はすでにしまったAd5免疫の問題を解決することができる方法を理論化している。

それでもXing氏は実用化競争では、このワクチンよりもオックスフォード大学のワクチン候補の方がかなり優位にあると認めた。 Ad5ベクターとするカーンシノワクチンの投入量が増加すると、発熱を引き起こす可能性があり、ワクチンの人々の疑問を刺激恐れもあるという。

米国フィラデルフィアにある、上記のスター・インスティチュートのワクチンセンター創設者ディングディレクターヒヴェルデ間島・エルトリ博士はAd5由来のワクチンは、抗体を持っていない人は、有効なものですが、多くの人々は、抗体がある場合指摘する。 専門家の話では、中国と米国でAd5抗体を持っている人の割合は約40%、アフリカで最高80%に達する。

一部の科学者たちは、Ad5由来ワクチンが後天性免疫不全症候群(AIDS)を引き起こすヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染のリスクを増加させる危険警戒感を示している。

米国メルク(MRK.N)が04年の間HIVのためのAd5由来のワクチンの臨床試験では、Ad5抗体を持っている人のHIV感染確率が高くなることが明らかになった。

一方、ロシアの窯プレーヤー研究センターのコロナウイルスは、Ad5でJ&JのようなAd26の2種類をベクトルとして利用して、監督アレクサンダー長いツバ区氏はAd5免疫の問題を解決することができると強調した。 フィラデルフィアエルトリ氏によると、今の片側に免疫の問題がある人は、他の一方が動作を期待できるとする。

8月31日、中国とロシアでそれぞれ開発され、世界に広く知られるようになった新型コロナウイルスのワクチンは、1つの共通点が存在する。 写真はワクチンのイメージ。 4月撮影(2020年ロイター/ Dado Ruvic)

最も多くの専門家は、ロシア政府が大規模な臨床試験データがない10月からリスクが高いグループに接種を開始すると宣言したのに対し、大丈夫か疑っている。

J&Jのワクチン開発を支援している米国ハーバード大学のワクチン研究者ダンバーマルチ博士は「ワクチンの安全性と有効性を証明することが非常に重要だ」と訴え、大規模な臨床試験で望ましいか、または必要な結果を得ることができない場合もたくさんあると付け加えた。

(Allison Martellジャーナリスト、Julie Steenhuysen記者)

READ  自動化により、データ科学は不必要になるだろうか? | TechCrunch Japan

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close