science

アングル:治療後も継続コロナ後遺症完治の目的なし心に傷| ロイター

[런던 3 일 로이터]- 大学の教授フェリシティカラさん(49)は、健康で活動的な毎日を過ごして体力に自信があった。 今年3月19日、「軽い」新型コロナウイルス感染と診断されるまで。

大学教授フェリシティカラさん(49・写真)は、健康で活動的な毎日を過ごして体力に自信があった。 ロンドンで2日撮影(2020年ロイター/ Matthew Childs)

彼女はもうすぐ疲労、運動機能が低下し、恐怖した。 頭の中は、5ヶ月前に感染が自分の心臓や肺、脳にいったいどんな被害を与えたのかは不安でいっぱいである。 感染が再発する可能性も脅かしている。

「この病気にすべてが台無しにされた。私の人生は完全に変わった」とカラ氏は言う。 家で周辺1キロ行動範囲は限られている。 なぜなら、私は歩いて距離それの限界だからである」と打ち明ける。

英国の大学で教鞭を持ってカラ氏は、感染まで自分の健康管理に自信を持っていた。 新型コロナに感染してもほとんどの人が軽く済むという話を聞いていた上にトイレと社会的距離の確保などの感染症対策を適切に実施していたので、落ち着いた気持ちで暮らしていた。 それが今ではまるで「あそこ恐ろしいものが存在する」と感じる心理状態しまったという。

感染から数ヶ月経過しても、様々な不調が続く場合は、カラ氏以外にも数千件報告されている。 これらの人々は、自らを新型コロナ “長距離輸送車両(long haulers)」と呼び、「長期コロナ感染(long COVID)」と命名したりする。

呼吸困難、記憶障害、極度の疲労感、頭痛、ぼやけ感、筋肉痛、関節の腫れが、世界中の患者支援団体のブログやチャットルームに共通提起される症状である。 また、多くの人々は、内科的な症状だけでなく、不安、抑うつ、不安などにより衰弱している。

新しく設立された患者支援団体「LongCovidSOS」の運営に携わるイギリスサンドラ・エドワーズ氏(46)は、「私たちの多くの症状の再発と一時的な改善を重ねている。これは、慢性疾患かどうか、または完全な治癒の状態に行くことができるかについてがない」と述べた。 「朝起きて、自分がどのような気持ちになるかもしれないし、気持ちは日中どころかひどい時は1時間単位で変わる。それ徐々に心を侵食こと」

LongCovidSOSによると、キングス・カレッジ・ロンドンの科学者が開発した症状を追跡アプリケーションのデータは、感染から3週間経過してもコロナ患者の10%は、不振が残っていて、最大5%は、数ヶ月の間に状況が悪に続くことを示してている。

<끝이 보이지 않는 공포>

2月にコロナ感染が確認された今、様々な症状に見舞われている、イタリアのモレナ・コロンビア氏(59)は、「精神的に捨てられた感じがある。医師でさえも、どのように助けてくれているか五里霧中」と述べた。

彼女はロイターに「ある日は体調が良くても、次の日、その照明を支払う。また、以前の生活に戻ることができない。それは心を抜けばならない」と述べた。

キングス・カレッジ・ロンドンの精神医学・心理学・神経科学研究所(IPPN)のティルワイマックス教授(心理学)は、先の見えないことが不安を生む重要な要素であると指摘する。 病気がどのように進行するかがわからないため、医師は助けの方法を知らなくて、多くの患者が恐怖と孤独に苦しんでいるのだ。

ワイマックス氏は、「ほとんどの病気の場合には、私たちは、最初に何が起こって、次に何が起こるかを理解して展開を予想することができる。(新型コロナ)の問題は、症状が出て、それが一度入ったように見えても、再表示されるためにている」と述べた。

世界保健機関(WHO)が先月長期不振を抱いてコロナ患者団体と面談した後、テもロス事務総長は、彼らに「あなたの声を明らかにした」と発言した。 それにもかかわらず、WHOにコロナの長期的な影響についての研究結果は、まだ不足伝染病が始まって8ヶ月ぶりの経験からそれを取り出すのは難しいと説明した。

カラさんとエドワーズ氏のような患者は、医師が新型ウイルスによってもたらされた新しい病気に対処し、すべての答えを望むことができない現実を中に知っている。 しかし、予測が不可能な病気を制御することができないことが事態を悪化させている。

IPPNの心理学の研究を総括するローナモスモリス氏によると、過去の感染拡大局面と重症化したのか集中治療を受けた患者を取り巻く調査で不安と抑うつ、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の程度に重大な影響を与える科学的証拠も提示された。

モリス氏は、「患者に病院ではなく、自宅で過ごすのも非常に恐ろしいもので、例えば、呼吸困難を訴えることもある。そのような状況に置かれた人々から恐れの経験を私たちは聞いている」と述べたている。

(Kate Kelland記者)

READ  日本人の約6人に1人...なぜ「独居老人」が急増しているかどうか| 富裕層向け資産防衛メディア| 幻冬舎ゴールドオンライン

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close