経済

アングル:米金融業界コロナ流行にNY捨てフロリダ州に| ロイター

[보스턴 24 일 로이터]- 米金融業界では、本社をニューヨークでフロリダに移す動きが広がっている。 世界的な金融ハブのニューヨーク新型コロナウイルスの大流行に店舗や施設の多くが閉鎖されるなどの魅力が大きく低下。 一方、3月から在宅勤務が始まった金融業界では、「サンシャインステート」と呼ばれるほど、気候が温暖で、税金が低く安価な不動産を購入する必要がある場合のルートで簡単にニューヨークに戻るフロリダ人気が高まった。

12月24日、米国の金融業界では、本社をニューヨークでフロリダに移す動きが広がっている。 マイアミのレストランで5月に撮影(2020年ロイター/ Zachary Fagenson)

フロリダパームビーチ郡経済開発委員会のケリースモールリッジ氏によると、大企業、金融系列会社30社は、フロリダ州に拠点設置を打診しており、そのうちのいくつかは、以前に真剣に検討しているという。

複数の金融業界の関係者によると、最近エリオット管理、砦、モリスなどがフロリダ州にあるサテライトオフィス設置計画を発表し、従業員フロリダに移動を認めたりした。 事情に詳しい消息筋によると、ゴールドマン・サックスも資産管理部門の従業員の一部を、フロリダ州に移すことを検討している。

これまで、米金融業界の関係者は、教育と文化、人的交流の機会などをめぐる懸念にフロリダ州に拠点設置を拒否した。

しかし、在宅勤務やオンライン学習の導入では、これらの不安のほとんどが消える一方、ニューヨークはレストランや博物館などの施設のほとんどがコロナウイルスの閉鎖された状態である。

銀行関係者などの金融業界の関係者によると、このようにフロリダ州のリラックスしたライフスタイルや企業性向の慣行が魅力を高めている。

このような流れは、フロリダ州以外にも起こっており、大手金融会社は、ニューヨークとサンフランシスコなど高価な都市では、オハイオ州、テネシー州、ユタなどのコストが低い国で、従業員を再配置している。

関係者によると、多くのニューヨーカーにフロリダ州は、文化面でも、物理的にも他の国に比べて身近である。 時差がなく、ユタ州ソルトレイクとテネシー州ナッシュビルからニューヨークで移住セットが多い。

レストランが1年を通して屋外方式で営業しているのも好材料として作用、州の所得税がない。 住宅は、通常安くパームビーチ郡など商業賃貸住宅の家賃はマンハッタンの半分程度だ。

ウェルズスパイああアドバイザーの上級副社長で半年前にフロリダに移住したケビン・クーパー氏は、「ここが非常に気に入って、何人かの友人がここに移動もらおうしている」と述べた。 「人々は、ここに自分らしく生きている」と話す。

マンハッタンの高層ビルで仕事や映画やコンサート、レストランでの外食などを楽しむことができない場合は、フロリダのビーチに近い方がいいというのがクーパーをはじめとする多くの金融業界幹部の考えだ。

<코로나 감염자는 증가>

フロリダ州にサンチス知事は、厳格なコロナウイルスよりも、国家経済を優先。 9月に経済再開を宣言し、地方自治団体がレストランの受け入れ速度に制限をかけることを禁止した。 フロリダマスクの着用を義務化していない国内13州のうちの一つだ。

ロイターの集計によると、フロリダ州の新型コロナ感染入院患者数は23日現在、5634人に1日時点で32%増加した。 これはカリフォルニア、テキサス、ニューヨーク、ペンシルベニア州に続き、国内で5番目に高い水準である。

デサンチス知事の支持者は、知事の政策が雇用を守り、国の企業を支援していると主張している。

クーパーなどの金融業界の関係者は、新型コロナ流行を深刻に受け止めているが、マスクの着用や外食には、個人の選択が認められなければならない立場だ。

ヘッジファンドエリオット管理は、来年ウェストパームビーチにオフィスを開く計画だと発表した。 ジョナサン・ポラック共同最高経営責任者(CEO)は、コロナ流行を受けて、フロリダ州で働いています。

ヘッジファンドシタデルは、来年マイアミにオフィスを開く見通しだ。 創業者のケン・グリフィン氏は、フロリダ州出身で、傘下のシタデル証券トレーダーの一部をニューヨークとシカゴで試験的にパームビーチホテルに移した。

ブラックストーングループも、マイアミ近郊に事務所を開いて、バックオフィス部門の技術スタッフ数百人を配置する計画だという。

関係者によると、ゴールドマン・サックスの資産管理部門は、南フロリダを検討している。 スポークスマンは発表する具体的な計画はないが、国内全域で「高付加価値」の位置に、より多くの従業員を配置することを検討しているとした。

ドイツ銀行とJPモルガン・チェースは、以前から、フロリダ州ジャクソンビルに事務所を置き、ヘッジファンドの多くは、数年前からマイアミとパームビーチ近郊に本社を置いている。

モリスは、フロリダ州に本社を開く計画はないが、ケン・モリスCEOはTV番組での成績が優秀なスタッフが必要な場合、フロリダ州で勤務を喜んで認める考えを示した。

コンサルティング会社ジョンソン・アソシエイツを率いるアラン・ジョンソンは、「マンハッタンに本社を置く必要はなく、従業員は大丈夫だと、企業に気づいた」と話した。

(Svea Herbst-Bayliss記者)

※原文の記事などの関連情報は、画面の右側にある「関連コンテンツ」メニューから確認してください

READ  最新コロナウイルス:ニュージャージー州がワクチンの資格を拡大する米国の州に参加

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close