理科

アンケート調査:候補者の68%が日本の防衛力の強化に賛成します。

7月10日、参議院選挙で候補者の68%が日本の防衛力強化に賛成し、これはロシアのウクライナ侵攻に対する恐怖を反映して3年前の37%のほぼ2倍に達する数値です。

最新の数値は総選挙を控えて行った同様の調査20年の中で最も大きいものだ。

今回の調査は、朝日新聞と東京大学政治学と谷口正樹教授チームが行った。

5月中旬から545人の候補者にアンケートを郵送し、6月22日夕方まで512人の回答を受けた。

候補者は、国防強化と憲法改正に関する質問に賛成、多少賛成、どちらもない、多少反対、反対の5つの選択権を与えた。

執権自民党候補の99%が国防強化に賛成したり、やや賛成した。 これは安倍晋三首相が執権した2013年参議院選挙の95%よりはるかに高い数値だ。

長い間平和政党であることを自治してきた後進連合パートナーであるゴメイトの候補の間でも同様の傾向が現れた。

3年前だけでもこのような守備変化に賛成する割合は13%に過ぎなかったが、今回は83%と急増した。

第1野党の立憲民主党候補のうち、国防強化に賛成する候補は3年前の2%から31%に増えた。

同様に、日本のイシン(日本革新党)の候補者の間では、その数値は67%から89%に、国民のための民主党の場合は21%から95%に増加しました。

また、候補者たちは、日本が日本を攻撃する可能性があるとき、敵基地を攻撃する能力を保有すべきかについても質問した。

キャンペーンプラットフォームにそのような能力を保持することを含む自民党の候補者の77%が賛成または多少賛成しました。

しかし、その数値は共鳴党候補のうち4%に過ぎず、75%は反対、21%は反対または多少反対した。

改憲に関する質問には、全候補者の61%が賛成または多少賛成し、3年前(44%)より大きく増えた。

候補者は憲法をどのように修正すべきか尋ねた。 最大の割合は66%で自衛隊の法的存在が定義されるべきだと述べた。

政党別では自民党候補の97%が改憲を支持したが、これは改憲を強く主張した安倍首相が首相在任した3年前の93%よりはるかに高い数値だ。

コメイト候補のどちらも選択しない回答者の割合は74%から50%に減少したが、そのような動きを支持する回答者は17%から42%に急増した。

野党のうち日本である候補はすべて改憲を支持し、3年前と同じ傾向だ。

DPP候補は26%から86%に大幅に増加したが、CDP候補は7%から4%に減少した。

日本共産党と社民党候補は共に改憲に反対し、レイと新千組候補は85%が反対した。

(この記事は、Nen SatomiとYoshitaka Isobeのレポートで編集されました.)

READ  SpaceX Crew-1使命は、宇宙船の寿命記録を更新しました。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close