スポーツ

イアロン – ウイ、怪我でジャパンオープンの権利

2022年8月28日、東京で開かれた世界バドミントン選手権大会男子ダブルス決勝戦で、マレーシアのアロンチア(左)とソウ利益(左2番目)がモハマド・アサン(右)とヘンドラ・セティアワンを破って勝利を祝っている。 — AFP 写真

2022年8月29日月曜日午後11時51分MYT

クアラルンプール、8月29日 – 男子ダブルスの1位であるAaron Chia-Soh Wooi Yikが昨日、東京で開催された世界チャンピオンに選ばれてから、1日で2022年日本オープンで披露することにしました。

マレーシアバドミントン協会のダブルスコーチングディレクターであるRexy Mainakyは、Aaronが負傷したため、トーナメントで棄権したと述べた。

「Aaronは脇の下の筋肉の状態が好きではありません。 昨日決勝でも強力なスマッシュを起こすことができなかった。 そのため、Aaronは日本オープンでリスクを負うことを望まず、コンテストから撤退することにしました」とBernamaに語った。

一方、BAMの高性能ディレクターであるDr Tim Jonesは、まもなく日本から帰ってきたAaronについてさらに評価することになると述べた。

「しかし、負荷と治療をうまく管理し、わずかなバリアントとして同定されれば、Aaronは数週間以内に100%に戻ると信じています」と彼は言いました。

2022東京都立体育館で開かれた2022 BWF世界選手権大会決勝戦で、Yik Aaron-Wooi Yikが世界チャンピオン3回優勝者Mohammad Ahsan-Hendra Setiawan(インドネシア)を21-19、21-14に制圧する驚き。

彼らの成果は、マレーシアの45年間の世界大会初の大会を終えただけでなく、Aaron-Wooi Yikが2017年のパートナーシップを結んだ後、すべてのトーナメントで初優勝する記録となりました。 — Bernama

READ  負傷したライオンズ主張ジョーンズが南アフリカ共和国のかない

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close