イエロン、経済関係強化のため韓日首脳会談

Estimated read time 1 min read

(ブルームバーグ) – ジャネットイエロン米国財務大臣は、日本と韓国に円とウォンを守るためのより多くの余地を提供することができる日韓財務大臣会議で、自国通貨の急激な下落に対する日本と韓国の懸念を認めました。

Bloombergで一番読んだこと

イエロン議長、鈴木純一日本財務長官、チェ・サンモク韓国財務長官は声明を通じて「既存のG20の約束に沿って外国為替市場の発展について引き続き緊密に協議する」とし「日本と日本の深刻な懸念を認める」と明らかにした。 最近、日本円とウォンの価値が急激に下落する状況について韓国に知らせてほしい」と話した。

東京の為替レート観察によると、この声明は米国が市場の介入を容認することを示唆しています。 日本と韓国の管理者たちは、今年ドルに比べて円価が約9%下落し、ウォン価値も約7%下落するなど、警告を強化してきました。

東京のResona Holdings Inc.の上級戦略家である井口啓一氏は、「米国は事実上介入に同意した」と述べた。 「これにより調整された介入が可能であるという推測が高まりました。」

日本の可能な市場措置に対する更なる暗黙の承認を提案し、G7諸国は通貨政策に対する既存の合意の約束を再確認する声明を発表した。 G-20協定と同様に、G-7は過度の為替レートの変動に対応して市場に参入するための多少の余裕を可能にします。

続きを読む:日本、ボラティリティFXの動きへの対応に関するG-7の約束の引用

野村証券の後藤維持で通貨戦略総括は「今や介入に対する理解を得るのが容易になるだろう」と話した。 しかし、彼はファンダメンタルが変わらなければ介入だけでは市場の傾向を変えることができないと付け加えた。

円は木曜日、東京で午後1時22分に1ドルあたり0.1%上昇した154.26で、多くのトレーダーが三者声明以降介入リスクが高まったと見ている155レベルから退いた。 ウォンは米国通貨に対して0.9%上昇した1374.15を記録しました。

米国経済が硬直したインフレと、数年ぶりの最高金利にもかかわらず、驚くべき回復力を見せたため、ドルは今年の主要通貨に比べて強みを見せた。 経済と物価の強さにより、連盟の金利引き下げの見通しが減少し、これはドルの強みに影響を与える要因である。

G20新興国と先進国との間の過去の合意は、市場が為替レートを決定することを可能にする一方で、過度の市場ボラティリティに対応できる余地を開いたままにする原則を強調しました。

国際通貨基金(IMF) – 世界銀行(World Bank)春季の集まりに合わせて、水曜日にワシントンで開かれた3人のデビュー会議に続き、鈴木と神田雅人の日本通貨の上級関係者は、通話関連合意を宣伝しながら、前の会話内容を繰り返した。 円安。

もっと読む:円のトレーダーは、日本がFXで綱渡りをするとき、「160は次のものです」と言います。

鈴木は記者たちに「私たちは外国為替市場がどのように発展しているのかについて彼らと引き続き緊密に協議したい」と話した。 「いつも言ったように、具体的な措置については言及しない。 市場に予想外の影響を与える可能性があるからだ。

鈴木首相は、為替レートが経済ファンダメンタルに合わせて安定的に動かなければならず、過度の動きに適切に対処するという日本の立場を説明したとき、相手側がよく聞いたと話しました。

通貨の弱さ自体のための言語の水曜日の合意に達したことは、近年では行われていないので、成果だと神田は言った。

神田は「声明をそのまま読んでほしい」と話した。 「一般的な懸念よりも深刻な懸念です。」

G-7声明の発表以来、神田首相は日本の勧告に基づいて通貨約束の再確認が行われたと述べた。

水曜日の会議の前に、韓国と日本の管理者は、今週のドルに対する自国通貨が数年で最低値に下落するという懸念を表明しました。 崔首相と鈴木首相は最近、両国通貨の弱気について「深刻な懸念」を表明し、急激なボラティリティに対応するための適切な措置を取ることを警告したと韓国政府が二人間の量子会談後声明を通じて明らかにした。

三首脳は、水曜日にもロシアと北朝鮮に対する制裁を調整し、サプライチェーンの脆弱性、経済的降圧、​​過剰生産に関する問題を共同で扱うという約束を確認した。

太平洋諸島

また、2022年にソロモン諸島がアジアで初めて中国と安保協定を締結した後、米国と中国が影響力構築のために競争してきた太平洋島国家の重要性を再確認し、中国の軍事基地の可能性に対する懸念を呼び起こした。 この付近に。

最初の3国財務長官会議は、8月にジョー・バイデン米国大統領、岸田文夫日本首相、ユン・ソクヨル韓国大統領がキャンプデビッド大統領別荘で開かれた歴史的な3国首脳会談に続いて開かれる。

三国は国防と経済安全保障協力を強化し、サプライチェーンが中国にさらされるリスクを排除し、半導体や人工知能などの核心技術を協力するよう努めてきました。

――ソ・ウンギョン、マンション・マサキ、堺大輔、船木三郎、ジェームズ・メイガーの助けを借りて。

(日本通貨庁長のコメント追加)

Bloomberg Businessweekでよく読んだこと

©2024ブルームバーグLP

READ  日本東芝、8件の非上場提案受付
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours