スポーツ

イキリカコ、退院後の最初の表彰台に到達

リカコイキは日曜日にジャパンオープン女子50m自由形で2位を終えた後、より強くなったと述べた。 白血病の治療を終えて大会に復帰した後の最初の表彰台に上がる。

20歳の彼は、今年の夏のオリンピックのメイン水泳場である新しい東京アクアティクスセンターで決勝で0.16秒を終えた後、「本当に私はそこに到着したという感じがした」と述べた。 結果は、2018年アジア競技大会MVPが2019年2月8日の診断を発表してから約2年ぶりに出てきたことです。

1月には、イキは日本五輪代表予選の4月の全国選手権大会で自由形100個に出場した後、今年延期されたオリンピックに出場することについて話を単調にした。

食事の改善によりIkeeは1年以内に6kgを増やしました。 彼女は日曜日決勝でリラックスして、今年のオリンピックについて慎重であると述べた。

Ikeeは「辛抱強く前進したい。 「東京オリンピックを目標にしていると言うことができなくて、少しずつ続けていきたい」と語った。

イキは2月20日と21日、東京オープンでバタフライ試合を再開する予定であり、この日の彼女は50mと100m種目ですべてのレースする予定だ。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  オリンピックの聖火は、水と素晴らしいブリッジを介して撮影されたスポーツニュース

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close