スポーツ

イギリス、不安、日本のエリザベス女王空母披露

チームケリー

TOKYO(Reuters) – 英国月曜日東京近くの海軍基地で日本防衛省参謀にHMS Queen Elizabeth空母を披露し、中国の成長力を掌握しようとする地域での恒久的な軍事駐留の開始を発表した。

Nobuo Kishi、日本防衛相と日本軍の高位の司令官は、F-35Bステルス戦闘機の間をデッキの上を歩いてながら空母の周りを見回して、英国海軍将校が選手の傾斜路での戦闘機が発射される方法を説明しました。

「この配置の目的の一つは、予定の開始を知らせることです。」とSteve Moorhouse提督は41億5000万ドル規模の船舶のブリーフィングで言いました。 「この地域の重要性が大きく高まっています。 ”

改造されたヘリ空母2隻で短距離離陸・垂直着陸F-35Bを運用する計画である日本は、米国の同盟国を越えて安全保障協力を拡大して、この地域を脅かすと考えている、中国の影響力を支配するために努力しています。 台湾独立。

日本は最近、国防戦略報告書で隣人中国を主要国家安全保障の脅威と指摘し、台湾周辺での中国の軍事活動が強化され、台湾について「危機意識」を持っていると明らかにした。

Kishiはエリザベス女王を訪問した後、記者団に「英国空母打撃団の訪問は、自由で開放されたインドの – 太平洋を維持し、強化するために大きな意味があります。」と言いました。

米国およびオランダの船に参加

米国の最も近い同盟国である日本は、米国が最も多く集中している国です。 米海軍の第7艦隊、航空機や数千人の海兵隊を含む米国外の軍隊。

台湾を分離された城に見る中国はこの地域の意図が平和ロプダゴ言います。

駆逐艦2隻、フリゲート艦2隻、潜水艦1隻、支援2隻を率いて、エリザベス女王は、5月、英国から出発して、中国が領有権の90%を占めた南シナ海を含む海域を航行した後、土曜日、日本に到着しました。 最初のバッチで最も遠い港寄港。

米国駆逐艦とオランダ海軍のフリゲート艦が合流しており、英国のステルス機と一緒に飛行する米国のF-35Bも搭載している。

Queen Elizabeth空母攻撃グループが帰ってきた後、ロンドンに欧州連合から脱退した後、より大きな世界の駐留を模索することにより、二隻の戦艦が、この地域では、英国の駐留を続けることです。

ワシントンの唯一の前進配置空母USS Ronald Reaganの本拠地であるYokosukaに停泊中Queen ElizabethはBrexit以来、英国の取引を推進しようとしている間の主要な日本企業の経営陣の訪問をホストする予定です。

($ 1 = 0.7230ポンド)

(Tim Kellyのを見て、Andrew Cawthorneの編集)

表示:フル港で航空機墜落

READ  アイルランド、ダブリンで開かれた9回スリラーで、日本39勝31敗

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close