イギリス、失業問題を解決するために日本に従う

Estimated read time 0 min read

ヤシロ首相は50歳以上の人口がもっと働くようになれば、英国の経済成長率が0.4ポイント上昇する可能性があると話した。

この年齢層の経済活動の増加は、すでに1つの職業を持っている人々に再教育とさらなる教育の支援を拡大することによって達成することができます。

東京昭和女子大学経済学科の教授でもあるヤシロ氏は、「高校生は本当に素晴らしいです。

「仕事をしたことのない後輩たちは経済や経営に全く関心がないのですが、会社に通うともっと関心が多くなります。」

50代以上の健康を改善することも重要であり、肥満は西欧での健康悪化の特に重要な原因だと彼は言いました。

イギリスは日本のすべての政策に従うことを望んでいないようです。 一部の企業では、義務退職年齢を維持していますが、これは、若い従業員が促進するために上級職に空席を作成するために使用されます。

ヤシロ氏は、公務員は、企業がその労働者を再雇用するよう奨励することによってこれに対応しようとしたが、一般的に賃金は低かったと述べた。

早期退職より長い職場生活を好むと思われる日本の態度には、文化的要因も作用します。

矢代氏は「世論調査では、高齢者にどれくらい働きたいか尋ね、大半は私ができる限り長く働きたいと言います」と話しました。

READ  日本のブランクシ:ルーマニアの彫刻家が日本で初めて展示されます。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours