経済

イギリス、環太平洋貿易協定(TPP)に参加議論開始

ロンドン、9月28日(ロイター) – 英国は火曜日ブレックシート以降の交換の計画の重要な部分であると考えている環太平洋経済連携協定(CPTPP)11の加盟国と協議を開始する予定である。

CPTPP貿易協定は、日本、カナダ、オーストラリア、ベトナム、ニュージーランド、シンガポール、メキシコ、ペルー、ブルネイ、チリ、マレーシア間の関税を95%除去します。

英国は、高度な消費財や専門サービス輸出国として、世界貿易の隙間市場を開拓することを希望します。 この協定に加入すると、ロンドンが、より多くの加盟国と追求したり、すでに合意した貿易取引を補完することができます。

協定の他の加盟国は、すでに英国の申請について議論するために会った火曜日の仮想会議では、日本が議長を務めたCPTPPのUK Accession Working Groupにイギリス人が初めて参加する予定です。

アン・マリートレブルライアン(Anne-Marie Trevelyan)国際貿易相は声明で「これはCPTPP登録に向けた私たちの旅の大きなマイルストーン」と「これにより、私たちは旧友と、世界で最も急成長して経済諸国とより強力な関係を構築することができるようになるだろう」と述べた。

英国政府のモデリングによると、現在の形式でCPTPPに登録すると、長期的に、英国の経済に約18億ポンド(25億ドル)を追加したり、感染症、以前の国内総生産の0.1%未満を追加することができます。

輸出と経済成長のための最小限の利点に過ぎないが、法律、金融、プロフェッショナルサービス部門を含む市場アクセスを制限して長官は、中国がますます支配的な経済国である地域で影響力を得る重要な方法であると考えています。 力。 (Michael Holdenのを見て、Aurora Ellisの編集)

READ  「NHK受信料徴収に郵便局職員が個別訪問 "武田総務省がとんでもない提案」悪名高い同士組んでどのように!」と猛批判(2):J-CAST会社ウォッチ[전체보기]

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close