トップニュース

イギリス、福島以来日本食品輸入制限解除

イギリス政府が福島原発事故後に課された措置である日本産農産物に対する輸入制限を解除する手続きを始め、早ければ来年春にこのような収入に対する障害物が解消される可能性があると英国農務省が金曜日明らかにした。

イギリスは、日本の食品輸入による健康リスクの可能性を評価しながら、輸入制限を解除しても日本の消費者に影響を与えないと結論付けた。

日本の農林水産省は、国内手続きの一環として、イギリスが公式決定を下す前に、2月までに政策変更に対する公衆の意見を収束すると述べた。

キノコ、たけのこ、かつかつなど、福島県をはじめとする8県の計23農産物が現在輸入制限対象であり、これらの製品がイギリスに出荷されたときに放射性物質検査に合格したという証拠が必要である。

8:80:00:00:00

制限が解除されると、9つの都道府県以外の日本の都道府県以外の地域で収穫・加工された農産物に必要な原産地証明書も、英国の輸出に必要とされなくなる。

座り込みによると、2010年の日本産農産物の英国輸出額は45億円(3970万ドル)だった。 しかし昨年3月、福島第1原発原発事故で2012年37億円に落ちた。 。

日本のイギリス農産物輸出額は2020年に56億円に回復した。

日本は中国や韓国など安全上の理由で輸入制限措置を維持している13カ国と地域に対して引き続き輸入制限解除を促す予定だ。

米国は去る9月、日本産農産物に対する輸入制限を解除し、欧州連合(EU)は10月一部制限を緩和した。

READ  日本首相、インド・太平洋安全保障議論のため来週、オーストラリア訪問

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close