技術

イギリス、Tempestパートナーと契約を締結する予定、日本の交渉が進行中 – BAE

2016年3月10日、英国北部プレストン近くSalmesburyのBAE Systems施設の格納庫を飾る標識。 REUTERS / Phil Noble

ロンドン、9月29日(ロイター) – BAEシステムズ(BAES.L)は、英国主導の新型戦闘機の建設プロジェクトであるTempestが今年末までにパートナーであるイタリアおよびスウェーデンとの契約を締結し、日本との交渉が進行中であると明らかにした。 プロジェクトへの参加について。

BAEのFuture Combat Air SystemsディレクターであるMichael Christieは概念と評価段階の両方のパートナーとの契約が2021年末までに署名することが予想と言いました。

日本との会談は、パートナーとしてプログラムに参加していることから技術協力に至るまで多様であると彼は言いました。

クリスティは水曜日ロイターとのインタビューで、「英国と日本がこの分野で達成しようとすることについて多くの共通点があります。これは、現在進行中の分野であり、私たちは積極的に追求している分野です。」と言いました。

BAEのほか、Rolls-Royce(RR.L)、欧州ミサイルメーカーMBDAとLeonardo UK(LDOF.MI)が含まれているTempestプロジェクトは、英国政府から2025年までに20億ポンド(27億ドル)の予算を持っています。 同じ期間に会社から8億ポンドを加えました。

英国が2040年からEurofighter Typhoonジェットを交換するためにTempestでの作業中に、フランス、ドイツ、スペインは、フランスのRafaleとドイツとスペインのEurofighterを交換する候補を探しています。

アナリストは、欧州の軍事予算が競合する2つのプロジェクトに十分なのか疑問を提起しました。

Christieは、彼らが結合することができるかどうかに関心を持たなかったが、「両方のプログラムが別々に実行されている時間が長くなるほど、結合することが難しくなるでしょう。」と言いました。

フランスとイギリスは、今月にロンドンオーストラリアと米国と結んだ3者の核安全保障協定を置いて衝突した。 続きを読む

Christieは彼の焦点は、新しいジェットを導くのにかかる時間を短縮してコストを削減すると言いました。

彼は「Typhoonを渡した時の半分にTempestシステムを提供するために効果的に挑戦しています。」と言いました。

目標は、主要な開発プログラムを2025年に開始し、2035年までにジェット機を運用することです。

Christieは情報クラウドに接続された無人ドローンとスマート武器に囲まれた有人航空機を構想しているがTempestの運営方式の決定は、2025年までに確定していないと言いました。

スピードとコスト削減のためにBAEはイングランド北部・ウォートンの工場で3Dプリンティング、人工知能、機械学習とロボットを使用しています。

また、技術力を強化するために、航空宇宙および防衛分野の外部から数十個の小規模企業や学者を招聘しました。

($ 1 = 0.7311ポンド)

Sarah Youngの報告Paul SandleとMark Potterの編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本、Rakuten・TechNodeのTencentの株式調査

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close