スポーツ

イギリスジョンソン、日本岸田と会って防衛・貿易関係強化

ロンドン(ロイター) – ボリスジョンソン首相は、木曜日のインド太平洋地域諸国との関係を深めるための英国のブレクシット以来、政策の一環である防衛と貿易協力を強化するために、日本首相の岸田文夫に会った。

ウラジミール・プーチン大統領のウクライナ侵攻を圧迫する案に対して会談が集中すると予想される中、両国首脳は英国軍と日本軍が協力する防衛協定も原則的に合意する予定だ。

ジョンソン首相は、イギリス軍と日本軍が共に訓練、合同訓練、災害救援活動を行う「ランドマーク防衛パートナーシップ」として相互アクセス協定を発表する予定だ。

両首脳はイギリス空軍が過去の飛行を観察し、名誉警護員を視察する予定だ。

ジョンソン首相は訪問前の声明を通じて「イギリスと日本は二つの偉大な島民主主義国家として成長を主導し、高度に熟練した雇用を創出し、私たちが技術超強大国として残すことに集中している」と話した。

「岸田首相の訪問は、私たちの緊密な国防関係を加速し、貿易パートナーシップに基づいて全国の主要インフラプロジェクトを推進することによって、私たちの平準化アジェンダを支えます.」

2020年1月、イギリスが欧州連合を脱退した後、ジョンソンはインド太平洋地域を「ますます世界の地政学的中心地」と表現しながら、国家の影響力を拡大するために動きました。

訪問はまた、2020年に締結された英国の最初のブレクシット以来、自由貿易協定を記念する貿易関係を強化するためのものです。 グレッグ・クラーク元経済部長官が駐日本貿易大使に任命される予定だ。

イギリスは、近隣ヨーロッパ諸国とのギャップの一環として、新しい輸出市場を模索しており、現在、日本が加盟国であり、イギリスの適用を監督する責任がある環太平洋貿易協定に加入することを目指しています。

(Elizabeth PiperとWilliam Jamesの報告、Alex Richardsonによる編集)

READ  日本、コロナ19の発生とオリンピック開催に緊急事態の延長計画|

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close