イスラエル、休戦協議が不確実性に直面しているラパ交差押収:リアルタイムアップデート

Estimated read time 1 min read

イスラエルの管理者たちは、火曜日の両側の代表団が会談を再開するためにカイロに到着するにつれて、ガザ地区での休戦の提案についてハマスと大きなギャップが残っていると述べた。

ハマスは、月曜日、アラブ調停者が提案した休戦条件を受け入れたと述べ、米国の管理者はこれを受け入れたと述べた。 マイナーなフレーズの変更 イスラエルとアメリカが最近グループに提出した提案から来たのです。

しかし、イスラエルの管理者たちは、ベニヤミン・ネタニヤフ首相は、火曜日に彼の戦争内閣がハマスが同意した提案が「イスラエルの重要な要求とは非常に距離が離れている」と全会一致で信じていると述べ、これらの性質について異議を申し立てました。

改訂された提案の本文は、火曜日にイスラエルのメディアに配布され、ハマスの上級管理によって本文として確認されました。 交渉内容を報告された関係者も両側の立場の違いを説明した。 主な内容は次のとおりです。

「持続可能な静けさ」

最も実用的な難点は、イスラエルとハマスが承認した提案の両方に現れる重要なフレーズ「持続可能な静けさ」に向かう途中に集中しています。

イスラエルが承認し、エジプトが4月26日にハマス指導部に伝えた提案で、両側は最初の6週間の戦闘中断後のガザ地区で「持続可能な静けさ」を達成するよう努めます。 その提案はこれら2つの言葉を解釈の余地として残しました。

火曜日、イスラエル南部のガザ地区国境近くでイスラエル砲兵が射撃を加えています。クレジット取引…Atef Safadi/EPA(Shutterstock経由)

しかし、ハマスによって承認された提案では、その用語は敵対行為の永久的な中断とガザ地区からイスラエル軍の完全な撤退として明確に定義されています。

イスラエルは、永久的な休戦や戦争の終結を明示的に要求するすべての協定に一貫して反対しており、軍事攻撃が目標を達成したと感じるまで、どの協定にも同意しないと述べました。 ワシントン近東政策研究所のイスラエル研究員であるエフード・ヤアリ(Ehud Yaari)は、ハマス時刻表がハマスが依然として人質を握っている間、イスラエルが戦争を終息させるようにして、イスラエルがいかなる影響力も行使できなくなると述べた。

専門家によると、イスラエルは後に戦争の終結を議論する意思があったかもしれませんが、最初からそうすることを約束しないと言います。

ヤアリ氏は、「契約に署名すれば、すべてを約束するのです」と述べた。

人質リリース

第3段階合意の第1段階は6週間の戦闘中断であり、この期間中、イスラエルは数百人のパレスチナ人捕虜とイスラエル刑務所に拘禁された拘禁者を行くと、地球に拘留された最も脆弱な人質33人と交換することになります。 彼らは女軍を含むすべての女性であり、高齢者や病人や負傷者もいました。 イスラエルはまだガザ地区に拘留されている合計132人の人質のうち33人だけが生き残ったと判断したため、該当カテゴリに属する​​約40人の人質に対する初期要求を下げました。

去る4月、ガザ地区で人質解放を求めるエルサレム集会。クレジット取引…New York Timesのセルゲイ・ポノマレフ

しかし、ハマスは月曜日の交渉者たちに、第1段階で釈放される33人すべてがまだ生きているわけではなく、死亡者の有害も釈放者リストに含まれることを知らせました。 この開示はイスラエルを驚かせました。

また、ハマスは人質解放期間を延長し、人質解放期間を3日ぶりに3人、その後7日ごとに3人ずつさらに解放する案を提示した。 以前の提案では、3日ごとに人質3人を釈放する内容が盛り込まれていました。

アナリストは、解放を延長するということは、ハマスがより多くの交渉カードを保有している間、取引の第二段階である「持続可能な静けさ」に到達する交渉が進行することを意味すると述べている。 そしてイスラエル人はまた、このような状況を犯すと、最も病気の人質が解放される前に、より多くの人々が死亡する可能性が高くなると懸念しています。

イスラエル、受刑者拒否権の行使

イスラエルが4月に同意した提案は、200人のリストで終身刑を宣告されたパレスチナの囚人の一部(人質で捕らえられたイスラエルの兵士と交換されると予想される)の解放を拒否することを許可しました。 ハマスが承認した提案は、そのようなイスラエルの拒否権をすべて削除しました。

イスラエル政府は主にラパでの地上作戦の開始を交渉姿勢を緩和するためにグループに圧力を加える手段として説明した。 ハマスはイスラエルの今回の作戦を「停戦と捕虜釈放のための仲裁努力を妨げるための」「危険な拡大」と呼びました。

それにもかかわらず、両側が休戦会談のために火曜日カイロに代表団を送ったとき、ジョンF.カービーホワイトハウス広報担当者は「残りの格差を克服できない理由があってはならない」と話した。

ジュリアンE.バンスアダム・ラスゴンギャビーソベルマン そして マイラ・ノベック 報告に貢献しました。

READ  ロシアとウクライナの戦争に関する最新ニュース
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours