イスラエル「現在休戦はない」と外国人がガザ地区を脱出することに合意したと明らかにした。

Estimated read time 1 min read

エルサレム — イスラエル政府は、月​​曜日の人道支援と国際パスポートを持つ人々がエジプトに脱出できるように、ガザ地区の少なくとも一部の地域で休戦に合意したという報道を否定した。 ハマスが支配する領土を台無しにすること ミサイロ。

ベニヤミン・ネタニヤフ首相は声明を通じて「現在休戦はない」と明らかにし、数千人のパレスチナ民間人とともにエジプトと国境を越えるガザ地区ラパ国境近くに集結した外国人が脱出できるよう交渉が仲介されたという報道を一軸した。 。

ハマスが作戦を開始してから一週間を超えました。 イスラエル南部で流血テロが発生しました。約1,400人を殺害し、ほぼ200人に達する人質を逮捕したイスラエルは、まだ月曜日のガザ地区で広く予想される地上攻撃を準備していました。 すでにガザ地区の管理者は、イスラエルの爆撃で少なくとも2,802人が死亡し、10,000人以上が負傷した。

ネタニヤフ政府はパレスチナ団体を破壊することを約束し、バイデン大統領はCBSニュースにこう語りました。 60分 イスラエルは「ハマスに従う」ことができ、またそうしなければなりません。 彼は警告した ガザ地区の完全な占領は「大きなミス」になると米国は、イスラエルに民間人の死傷者を最小限に抑えるために可能なすべての措置を講じることを繰り返した。


ジョー・バイデン大統領:2023年60分インタビュー

イスラエルは去る10月7日、ハマスの包囲攻撃以来、人口が密集したガザ地区にミサイルを注ぎ込んだ。

最近中東中心部で発生した暴力事態で米国市民30人が死亡し、ガザ地区には600人に達する米国市民が閉じ込められていると推定される。 米国国務省の広報担当者は、日曜日、イスラエルにいたアメリカ人13人の行方が把握されていないと述べた。

ハマスは、イスラエルの爆弾がまだ落ちている間、人質の解放に対する交渉を拒否した。

カチッという音 前のライブブログを読むにはここに 週末のアップデートで。

READ  15年ぶりに見ることができなかったメルケル首相のCDUを控えたSPD世論調査
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours