イスラエルの誘導選手たちが日本訓練キャンプでチンパレスチナデモたちと対決している。

Estimated read time 1 min read

イスラエル誘導選手の詐欺ムキ(Sagi Muki)とピーター・パルチック(Peter Paltchik)は、イスラエル誘導国家代表チームの訓練キャンプのために日本にいる間、先週末、チンパレスチナデモ隊の群衆と対決しました。

二人は東京で開かれたチンパレスチナデモでイスラエルのシンボルを着用したままデモ隊に近づく姿をソーシャルメディアに共有した。 しかし、該当映像は以後迅速に削除された。

ムッキーは自身のソーシャルメディアの投稿でデモ隊が自分の制服を奪われたと述べた。 彼は現在削除された投稿で「大変な朝の運動を終えた後、食事に行きましたが、チンハマスデモに参加していました」と話しました。

「彼らが事実を知らず、洗脳され、メディアで見るように、流れに沿って行く姿を見るのはとても悲しかったです。この仕事を毎日するすべての人に力を与えたかったのですが、他の国はありません。

「彼らは私の制服を奪い、それを奪って逃げた。私は私の制服がどこに行ったのか理解していない。他の国がないので、私はイスラエル諸国を代表し続ける。私は祖国が誇りに思って誇りに思う」 私は軍隊で私たちのために戦い、私たちを守るためにすべてをするすべての人を誇りに思います。 私は国際舞台でイスラエルを名誉に代表します。」

パルチクは「今朝私たちは遠くから旗を見てイスラエルを代表してデモに参加することに決めた」とし「ある瞬間、私はイスラエルの国旗が付いた柔道服を着た」と書いた。 途中で私の意見を聞きたくなる頑固な人に会いました。 私たちは丁寧な会話を交わし、彼に10月7日についてどう思うか、日本を考慮して、彼らのすべてのデモがなぜ不要なのかを説明しました。 紛争を理解していない」

文化体育部とオリンピック委員会は23日、ムッキーとパルチク、そして柔道協会を叱責した。 展示に国家代表チームの遠征のニュースを警護規定により通知されず、誘導団のソーシャルメディアを通じてのみ知ることになったという点だ。 投稿。 しかし、日本は低リスク国とみなされるため、代表団にはこのようなセキュリティプロトコルは適用されていない。

シンベットの内部保安機関は、イスラエルの国旗が刻まれた柔道服を着て、デモ隊と交戦した選手たちに不満を表明した。

2 ギャラリーを見る

第四に、ウェスポートに会いましょう

ミキ・ゾハル(Miki Zohar) 体育文化部長官

写真:ダナ・コペル)

教育省は規制を更新し、協会が特にこの敏感な期間中に訓練キャンプであっても海外旅行について通知するように要求しました。 プレーヤーは低いプロファイルを維持し、接触を避けるべきです。

「柔道部は、柔道選手が訓練所に出た事実を知らなかった。治安状況を考慮すると、保安上の解明のためにイスラエル代表団の出発に関する最新情報を国防部が受け取れば良かっただろう。残念ながら他の地域では反ユダヤ注意が広がっています。最近、世界の一部の地域では、プレーヤーを保護し、はるかに注意を払う必要があります。」

オリンピック委員会の関係者は「日本なのに選手たちが命をかけてしたのは無責任だ」と話した。

READ  野球バッファロー沈黙飲み込んで日本シリーズタイトルの勝利内で移動
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours