世界

イスラエル増加する暴力で1948年から波紋

そして歴史は完全な円で近づいています。このパターンは、人口が約5分の1アラブ人で残っている、イスラエル自体にますます適用されます。 2018年にイスラエル 公式に宣言 「ユダヤ民族に固有の「民族的自決権。 翌年にはベンジャミンネタニヤフ首相が 書いた ソーシャルメディアで「イスラエルは、すべての市民の国ではなく、「ユダヤ人の国です。 アラブ市民は不平等な権利を有する。 権利グループ

1948年の追放と同様にトップダウン政策の問題とイスラエルの市民のボトムアップ措置の間には、あいまいな境界があります。 入植者たちは、パレスチナ国家の設立に重要なものと考えられているウエストバンクの一部として流入して、以下の実行が可能です。 最近によると、 イスラエルのメディア レポート、イスラエル民族主義者たちは、Lodと同じ混合都市に移動し始めて、より多くのユダヤ人がいます。

ハマスのような暴力的なパレスチナ団体も、このサイクルを主導しています。 いくつかの葛藤も一方の過激派は、 権限を付与できる 一方では、武力が欠点のない敵の唯一の選択知人のように見える条件を作成します。 それにもかかわらず、行こう地域でも、イスラエルはどんな品物と人が入ってきていくことができるか、そしてドローンが頭の上にスピンどの建物が立っており、いくつかの建物が崩れるかどうかを指示して、かなりの統制権を行使します。

今週Lodの暴力は、その周期の連続です。 アラブ人とユダヤ人の両方東エルサレムとガザ地区で行われる暴力の反応で実存的宗派対立を盛り上げる。 居住者 話す また、より具体的には混合された都市の制御のための人口統計学的競争の拡大とアラブ民族の敵意の増加に対する反応でもある。

おそらく最も重要な点は、1948年と現在のLodが恒久的な平和のための最大の障害の一つになることがあることを示します。 UNが現在イスラエル人の家で難民とみなされる数百万人のパレスチナ人の地位 – 都市出身Lodのように。 多くの人が戻ってくる権利を要求するが、イスラエルはユダヤ人の数的優位を減らすか、またはさらに危険にさらすことができるので反対です。

READ  「宇宙のサイバーセキュリティの向上を目指す」と、米国が発表危険サイバー攻撃からシステムを保護する - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close