イスラエル – ハマス戦争:リアルタイムアップデート – The New York Times

Estimated read time 1 min read

土曜日の夜、テルアビブで大雨が降り注ぐ中、約2000人のデモ隊がイスラエル・ハマス戦争が始まって以来、珍しい反政府デモを行いました。

後に多くのデモがハマスが抑留した人質を支持する近くの集会に行進しました。

2ヶ月間の人質支援のための週間集会では、抗議者たちは政治的な態度を維持しようとし、人質の多くの親戚が愛する人々を家に連れて行くために政府に圧力をかけることと政府と協力することのバランスをとる必要があると感じました。

しかし反政府デモが再開され、政治が浸透し始めた。

ハマスが主導した10月7日の攻撃以降、かつて一般的であった反政府感情は、街からほとんど消えました。 主催側は、数カ月間、イスラエルを襲った極右政府の司法改革に反対する激しいデモを中止した。

今、戦争が3ヶ月目の終わりになって、一部のデモは政府に反対するデモを再開する必要性を感じたと述べました。 土曜日の夜、反政府デモの雰囲気は、人々がベニヤミン・ネタニヤフ首相について言及すると、「恥ずかしさ」を叫び、悔しいなど怒りでいっぱいでした。

Ramat Ganのデモ、Guy Ze​​oof(56歳)は、「最初は礼儀正しいことを試みたが、もはや待つことができないことを理解しました」と述べた。 彼はネタニヤフ首相を自分のニックネームで言及し、「ビビは行かなければならない」と付け加えた。

一人がテルアビブの人質広場で人質写真を見ていました。クレジット取引…Atef Safadi/EPA(Shutterstock経由)

以後人質集会ではデモ隊がもう少し鎮圧されたが、依然として怒りの気流が残っていた。 人質に戻ったシャロン・アロニー・クニオは、夫のデビッドを含む残りの人質を家に連れて行くために、より多くの措置を取らない政府を非難した。

「過去数週間、政府は独自の計画を提示していない」と彼女は言った。 「代わりにほぼ毎日死体に関する悪いニュースだけ行こうから出ています」 ここ数週間、イスラエル軍は人質3人を誤って射殺したと明らかにしました。

それにもかかわらず、多くのデモは人質危機を政治化することに警戒していると述べた。

人質集会でディナ・ウォーカー(27)は「平行世界ならば他のデモに出席するだろう」と話した。 「私は支援を見せ、人々が家に帰ることができるようにすることがより重要だと思います。 その後、残りは私たちが処理します。」

READ  プーチン、電子徴兵の通知を許可する法案に署名
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours