イスラエル – ハマス戦争:捕虜 – 人質交換条件のために行くと、休戦の延長が揺れました。

Estimated read time 1 min read

一週間の穏やかな時間を過ごした後、金曜日に行くと、南部の都市ラパでヨセフハンマッシュは、爆発音で眠りから目覚めました。 彼が感じたしばらくの安定感はもう終わったと彼は考えた。

ノルウェー難民協議会のガザ地区擁護担当官であるハンマシュ氏は、音声メッセージを通じて「7週間の狂乱の後に7日間の人道主義的な中断が続いた」と話しました。 「そして今、私たちは再び暴力の悪循環に戻りました。」

この地域の脆弱な7日間の休戦は金曜日の早朝に崩壊し、イスラエルが21世紀の最も強力な爆撃作戦の1つを再開し、ガザ地区は再び大きな打撃を受けました。 ガザ地区保健当局はその後数時間、パレスチナ人178人が死亡し、578人が負傷したと明らかにした。

去る11月24日発効されたイスラエルとハマスの休戦協定により10月7日投獄されたパレスチナ人240人とハマスおよびその他武装団体によって拉致された人質81人が釈放された。 タイの農業労働者も休戦協定とは別に交渉を通じて解放された。

休戦により、戦争前の数週間よりも多くの人道支援と燃料がガザ地区に届けることができました。

イスラエルとハマスの管理者たちは、人質とパレスチナの捕虜、拘禁者たちのさらなる交換に合意できず、取引が無産になったと述べた。 イスラエルとハマスも休戦協定に違反したと非難した。

ハンマシュ氏は、オスロに本部を置く非政府団体であるノルウェー難民委員会が、一時休戦期間を利用して救護品分配計画を準備したと述べた。 しかし、戦闘が再開され、彼のチームは作戦を中断したと彼は言った。

ガザ地区に対するイスラエルの最近の作戦は、多くのパレスチナ人が安全を求めている地域の南半分を標的とするものと予想されます。

カン・ユニスの近くに住むパレスチナ人の中には、イスラエル軍は彼らにさらに南のガザ地区とエジプトの国境に沿ったラファへの避難を指示していると言いました。 しかし、その都市も空襲を受けました。 多くのパレスチナ人と観察者は、ガザ地区のどこでも安全だとは考えられないと主張しています。

ガザシティ出身の17歳のマフムード・エル・カルディ(Mahmoud el-Khaldi)は11月20日、ラパでイスラエルの空襲で彼の妹キャロリン・エル・カルディ(28歳)が死亡し、頭蓋骨が骨折し、肺、肝臓、脾臓出血を経験した。です。 彼は木曜日に行くとヨーロッパ病院から退院し、ラパから北に数マイル離れたカン・ユニス市の近くアルカララにある叔母の家に行った。

金曜日の早朝、イスラエルの雷のような空襲が近くの住宅を襲い、叔母の家の窓を爆破し、エル・カルディ氏が今回は軽度の怪我を負いました。

エル・カルディ氏は金曜日の夕方の電話インタビューで「休戦が終わるやいなや彼らは私たちの近くの家を攻撃した」と話した。 「恐ろしい音でした」

エルカルディ氏は、イスラエル軍は彼の家族にアルカララを去ってラファに戻るように命じたと言った。 しかし彼の家族はこれを拒否した。

サミール・アル・ジャルラ(67歳)は、ハマスがガザ地区でイスラエルを攻撃した後、10月7日戦争が始まって以来、アルカララに住んでいる。

「どこに行くべきかわからない」と彼は言った。 ラパが可能性があるかという質問に、彼は「人が行く場所は私も行く」と話した。

少なくとも180万人の住民、すなわちガザ地区の人口約220万人のうち80%が戦争後に強制的に家を出なければなりませんでした。 多くの人が永久移住を恐れています。

37歳のギード・アル・ヘシ(Gheed al-Hessi)は去る10月、イスラエル軍が大規模な避難命令を下して数十万人が南に避難すると、北部からラファに移住した。 しかし、南部に行くと、地球上で最も安全で人道的な地域として描写するのは、「非常に大きな嘘」と彼女は言いました。

夜遅くと早朝に大きな爆発が起こると、しばしば彼女は眠りから目覚め、衝撃を受けて体を震わせます。 彼女はきれいな水と料理用ガス、電気が不足していると言いました。

「ラパはまったく安全ではありません。」 彼女は言った。 「戦争が始まって以来、多くの建物や多くの家族が被害を受けています」

彼女は金曜日に一人の友人が彼女に電話をかけてラパに行くことができる場所があるかどうか尋ねたと言いました。 アルヘシ夫人は、多くの人々が外の舗装道路やナイロンテントで寝るように強制されるなど、状況が深刻だと答えた。

彼女はラパの人々が一つの質問に没頭していると付け加えた。

「イスラエルの軍隊が私たちを脅かし、ラパから避難して去るように言ったら、私たちはどこに行きますか?」と彼女は言いました。

READ  イスラエルは非民主的アパルトヘイト体制と人権団体が明らかにした| イスラエルの
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours