世界

イスラム分離主義との戦いマクロンは「極右」や「植民地主義者」もない| この量| コラム

殺害された中学校教師の追悼式に出席マクロンFRANCOIS MORI-POOL-REUTERS

<新法案過激派テロ問題の解決を目指し、同時に「イスラム分離を可能にしたのは、私たちであり、イスラムを非難してはならない」と強調し、フランス首相を強く批判する国が浮かび上がった '

フランスのマクロン大統領は、10月2日「イスラム分離主義と戦う」と宣言し、年末までに新たなイスラム過激派対策法案の閣議提出を目指し提示した。

イスラム分離主義者は「フランス国の法律を無視して、イスラム法に基づいてイデオロギー」の意味である。フランスは分離主義に支配された「並行社会」がすでにイスラム社会に統合していない過激派の問題を解決はないとマクロンヌンた。

フランスは約600万人という西欧最高のイスラム人口を保有している国である。 フランスの世論研究所が9月に公表した調査では、25歳未満の在仏イスラム教徒の74%がイスラム教徒の信仰は、共和国の価値よりも重要であると回答した。 イスラム分離主義の脅威は、単なる杞憂ではない。

マクロンフランスを統合することは、世俗主義は「セメント」と述べた「フランスは宗教の名で道を踏み外す人々と戦うことを余儀なくされている」と断言した。 世俗主義と共和主義の強化を目指し、新しい法案は、3歳から学校通学の義務化、イスラム教指導者の国内育成、分離主義者として疑われる組織や個人に対する監視の強化などが含まれている。 マクロンイスラム教徒の分離を可能にしたのは、私たちであり、イスラムを非難すべきでない強調したが、このを強く批判する国が現れた。

トルコのである。

トルコとフランスは一緒にNATO加盟国であるが、フランスは、トルコ、リビア内戦介入と東地中海の資源探査を非難した。 以前にもマクロンがNATOを脳死状態と評し、トルコエルドアン大統領がマクロンすぐ脳死状態に戻りなどの葛藤が続いている。 エルドアンは、今回のマクロンの演説も「植民地の知事のように」で失礼し挑発的だと非難、トルコ与党AKPのオマールチェリーキースポークスマンもイスラムを攻撃する反民主主義の極右とツイート。知ろうとしても、全世界のイスラム教徒がマクロンに怒り極右に迎合と非難していると報道した。

一方、サウジアラビアに拠点を置くイスラム世界連盟(MWL)のムハンマド・アル – 取締役事務総長は、「もし、私たちが彼ら(武装)を擁護すると、我々は彼らのようなことを意味する」とと密かにマクロンのポリシーを支持した。 MWLは昨年5月、139カ国1200人余りのイスラム指導者と一緒に極端な暴力との戦いの宗教多元主義の促進を目的とすると宣言メカ憲章を採択している。

次のページフランスの国民の80%が新しい法案支持

READ  元JALの「ジャンボ」の世界を救う "消防英雄」に大変身、その珍しいキャリアと(乗ってもニュース) - gooニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close