スポーツ

イチロー節健在 “現役の時よりひどい」/一問一答1 – プロ野球:日刊スポーツ

第73回新聞大会で講演するイチローさん(撮影・前田充)

マリナーズの会長付着特報兼講師を務める一郎さん(47)が26日、神戸市内で日本新聞協会が主催する第73回新聞大会で講演した。 協会に加入している会社のメディア関係者のためのもの。 味わい深い久しぶり “イチロー節」は、以下の通りである。

◇◇◇

こんにちは、イチローです。

– 独特の雰囲気である

イチローさん嫌い枚〜緊張感がありますね(笑)

– 神戸で開催する。地元の新聞でも報道された

イチローさんよ、語、ボールと思う全くありませんでした。 昨日ですね。 私の朝のコーヒーショップで朝ご飯を食べているときに、気を使ってくださったのです。 カウンターところ新聞が置いてあったんです。 意図せずに、本よ(オリックス当時の写真から)爽やかなでしたね。 95年なので、25年前。 当時はまだ、私は24歳。 私よ、あんな爽やかな時期あったんですね。 なんか、そういうのは消えますよね。 どこに置いてきたのだろうかと。 よく、これについて話をすることができますが、私はいつそれをどこかに置いてきてしまったのだろうかと。 すべて分からないですね。 知っているんですまた、検証なので(笑)

– 新型コロナウイルスの感染拡大で厳しい1年どのように過ごしたか

イチローさん2月初めにキャンプのために(米国)アリゾナ州に耳を傾ける。 チームの助けを続けていた。 3月13日だったと思います。 この日、強制的にキャンプ終了。 その際、4月9日までの姿を見る。 一度解散としたね。 それ3月20、数日。 当時、米国は、その波がそこまで実感することができる状態ではなかった。 特にアリゾナはそのような状態ではなかった。 しかし、日々それを実感することができるようになった。 シアトルも状態が良くない。 一番最初に考えるのは、今の自分の体の状態を維持するためにどこにいいかな。 これは日本だ、と。 結果的にそのようにしました。 3月末に、実は、日本に帰ってきました。 そこから2週間隔離が解けで体を動かすの位置を確保して。 自分の体の状態に復元します。 毎日走って、投げ、打ち。 そのように、今まで過ごしてきたします。

– 教育レベルは現役時に比べて

イチローさん現役時、当然のシーズンは特にでも、次の日や場所ごとの考えを動くので、そこまで自分の体を追い込むことができませんでしたが、今はそれを行うことができてしまう。 現役の時よりひどいですね。 どうなるのか見たいと思うに基づいて毎日走っています。

– 激しい運動で新たな発見

イチローさん興味深いのは、47があったが、ボール速くなったんです。 まさか。 投手練習もしていますが。 教育だけでなく、体の使い方も少し変えてみると、劇的にボール速くなって。 また、「重いボール来る」と、受けた人が言う。一緒に練習している仲間だけでなく、いくつかの種のボールを受けた人が一緒に練習して、誰もがそう言っていた。実感があります。これはずっとないとできないことですからね。辞めるのは簡単である。継続すると何か面白い発見があると、いますぐ実感しているところです。

READ  ナオミ大阪、オリンピックのために戻って隔離すると

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close