トップニュース

イラン、2022 FIBA​​ U18アジア選手権で日本を制圧

テヘラン – イランは火曜日2022 FIBA​​ U18アジア選手権で日本を68-66に破り、赤字から帰ってきました。

アジャディーホールでイランのモハマド・アミニが23得点を、日本のタゾン・アキラ・ジェイコブスが13得点を上げた。

イランは日曜日A組でレバノンに65-63で敗れた。

2022 FIBA​​ U18アジア選手権は現在進行中のU18国際バスケットボール大会で、8月21日から28日までイランテヘランで開催される。

隔年大会の第26版でもあるこのトーナメントは、上位4チームがハンガリーで開催される2023 FIBA​​ U19バスケットボールワールドカップでFIBAアジアを代表する資格を与えます。

イランが大会を主催したのは2008年と2016年に続き3回目だ。

READ  日本、コロナ19の児童の栄養確保にあり、英国の主導に続く

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close