インタビュー橋本和人:日本科学復興の鍵

1 min read

日本の科学力の衰退を懸念する声が絶えない。 しかし、 科学的研究 本当に停止? 私たちは尋ねました 橋本和人会長 日本科学技術庁 (JST)、現在の状況と日本の研究が繁栄するために必要なものについて。

JSTは、国の研究開発戦略の策定と研究資金の割り当てを担当しています。 でシニア研究者として働いた後 東京大学橋本博士は国策研究機関長を務め、 内閣科学技術革新委員会

インタビューの内容が続きます。

アジア研究ハブとしての日本

日本の研究能力の低下をどう見ますか?

出版された論文の数は明らかな尺度と言われています。 しかし実際に論文の数は減ったというよりは少し増えた。 むしろ [Japan’s] 他の国に比べて成長が遅い。

国際的に注目され広く引用されている研究論文の数は明らかに減少している。 私が懸念しているのは、人工知能などの新興分野の論文が不足していることです。 [AI]、バイオテクノロジーと情報セキュリティ。 米国、中国、韓国、イギリス、ドイツ、フランスは出版された論文の数が増加しているのに対し、日本は比較的低い水準を維持しています。

広告


日本の大学が世界の大学ランキングで停滞しているか下落しているという言葉がよく言及されています。 これらの減少の原因を見ると、1つは論文の引用数であり、もう1つは国際主義であることがわかります。 [Japanese] 大学は国際接続が少なく、その結果評判が低下しています。

日本の国際的名声は本当に衰退しているのか?

他の国々は引き続き日本に対して高い期待をしています。 私の役職のおかげで、海外資金調達機関の責任者や大使館で働いている人たちに会うことができました。 特にヨーロッパ諸国が共同研究に対する高い期待と熱望を持っているのを見ました。

現在、アメリカと中国の緊張を考えると、日本がアジアの研究ハブになるという希望があります。 日本の研究レベルは非常に高いため、多くの国が協力を望んでいます。 しかし、一部では日本が衰退し、世界的な名声を失っていると懸念しています。 出版された論文の引用数は、これらの可視性の欠如を反映しています。

日本初の手術ロボットヒノトリ。 (©メディカロイド)

日本研究の「ガラパゴス症候群」

日本で国際主義が減少するのはなぜですか?

私は1980年代に研究者として働き始めました。 当時は国際交流を促進するための多くの努力がありました。 当時、世界は日本に興味を持っていなかったので、我々は我々の研究を西洋に売るために一生懸命働いた。 実際、あなたの研究は、国際的に認められなければ日本で認められないでしょう。 しかし、日本の科学研究レベルは高まり、もはや国外への宣伝に手間をかける必要はありません。

これは科学だけでなく経済にも当てはまると思います。 健康的な日本市場では、好みの良い消費者に良い製品が供給されれば、自然に海外に広がると人々は考えた。 しかし、これは大きな誤算だった。 日本は太陽電池のような製品の世界最高の生産国でしたが、今は他国の安価で効果的な製品が日本に流入しています。 科学の世界も似ている。 日本が「ガラパゴスシンドローム」を経験している間、世界は急速に発展し、日本は遅れた。

パナソニックホールディングスのペロブスカイト太陽電池。 (©パナソニックホールディングス)

学術知識の国際交流

日本はどのようにこの状況を克服できるのか?

国際的な指導を高める必要があります。 JSTに入社して以来、私は学術知識の国際交流を促進するために努力してきました。 若い研究者が海外で学位を取得したり、博士課程で研究者として働くことを奨励することに加えて、海外共同研究パートナーに派遣し、海外研究者を日本に歓迎することで関係を築きます。

国際的な環境で研究者を育成することがなぜ重要なのでしょうか。

世界は経験豊富な研究者を見つけるための競争を行っています。 中国はますます多くの人々を海外に送り、優れた人材を取り戻しています。 イギリスは、指定されたトップレベルの外国大学卒業生のための優遇ビザシステムを立ち上げました。 彼らは才能のある人々を得るために喜んでそのような努力をします。 その点で日本は不足している。 国内でのみ研究者を育てるだけでは不足している。 日本も国際的な接続を通じて人材プールを拡大する必要があります。

日立鉄道が開発したBritish Rail Class 800は、イギリス最北端のSpittalの近くを旅しています。 (©日立、株式会社)。

科学は社会を変える

科学はどのように国力に変換されますか?

学界に限られた先端と基礎科学技術が国家の未来を左右する時代に入った。 古典的な例は量子コンピュータです。 2000年代には研究者の間でのみ議論された。 2010年代には、一部で社会に役立つ可能性を示しましたが、依然として多くの疑問がありました。

しかし、この分野は近年の驚くべき進歩を遂げてきました。 今、彼らは今後数年で現実になり、社会を完全に変化させると予測されています。 科学は経済、防衛、国力と不可分の関係にあります。 他の国と競争できるエネルギーがもう一度要求される。 それがなければ、国は衰退すると信じています。

広告


どうすればこの「エネルギー」を取り戻すことができますか?

日本全体が静止状態であり、科学技術もこの流れに巻き込まれている。 私たちはこの枠組みから離れなければなりません。 私はほぼ10年間、政府の科学、技術、革新委員会で奉仕し、さまざまな措置を講じてきました。 3~4年の間に確かに良くなった。

例えば、大学と産業との協力が着実に進んでいる。 成功した企業公開(IPO)と買収合併(M&A)により、大学で始まったベンチャーが増加しています。 しかし、これが常に出版された論文につながるわけではありません。 日本は出版された論文の数だけで悪い評価を受けています。 日本が科学研究の報告であることを世界舞台でも見せたい」と話した。

橋本和人について

橋本は1955年、北海道南浦で生まれ。 東京大学理学部 1978年。 彼は1980年に東京大学で修士号を取得しました。 分子科学研究所。 1984年、彼は同じ研究所の研究者になった。 その後、1985年に東京大学で理学博士号を取得しました。

専門的に彼は1989年に東京大学で講師になりました。 その後彼は9年間助教授を経てついに正教授になりました。 彼はの監督になりました。 国立材料科学研究所 2014年から2022年まで、彼は内閣府科学技術革新委員会委員としても活動しました。 2022年から日本科学技術振興院長を務めている。

関連:

インタビューを読む 日本語で)

インタビュー:松田真希

広告


READ  ウブレックの秘密を解く - 液体でも固体でもある奇妙な物質
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours