インタビュー高齢化国で優れた医療サービスを維持

1 min read

ほとんどの人は日本の医療システムが模範的であることに同意するでしょう。 2021年には経済協力開発機構(OECD)は、日本が全世界の主要国家全病院数で1位を占めたと報告した。 この国は印象的な8,205の施設を誇っています。 一方、米国は6,129施設で2位を占め、日本1位と2,000以上の施設格差を大きく広げた。

OECDの2021年の人口1000人当たりの病状分析によると、日本は人口1000人当たりの病床数12.8カ所で主要国を圧倒した。 これは、米国(1,000人あたり2.8病床)とイギリス(2.5病床)より約4〜5倍多くの病床を保有しています。

同時に、OECD報告書によると、日本は他のOECD諸国に比べて人口1,000人当たり活動する医師数が少ないことが示されています。 報告書によると、2018年の日本の現職医師数は人口1,000人あたり2.5人です。 これはOECD加盟国のうち7番目に低い数値です。 豊富な病院や病床に比べて医師は薄く広がっている。

もう一つの複雑な要因は、高齢者の人口が着実に増加していることです。 一部 政府予測 2060年には人口の4分の1が75歳以上の高齢者となり、4人のうち1人になると言われています。

日本はこれらの問題を解決し、将来の世代の福祉のために医療システムを近代化するためにどのような措置を講じることができますか? 医療専門家で日本革新党のメンバー 石川雅人 最近一緒に座った ジャパンフォワード これらの問題を議論するために。 石川さんは東京大田区で診療所を運営しており、東京医療大学特任教授だ。

病床管理

石川雅人(石川雅人提供)

日本の医療システムの潜在的な問題の1つは、病院のベッドを使用する方法だと石川は説明しています。

「イギリスでは、病院は入院期間にかかわらず入院ごとに固定金額を受け取ります」と石川は言います。 「このシステムは、病院が患者をより早く退院させることができる財政的インセンティブを提供します。」

一方、日本は一日報酬制度を採用していると彼は指摘する。 「ここで、病院は各患者の入院期間に基づいて返済されます。結果として、入院期間を延長する財政的インセンティブがあり、病状の容量を拡大する必要性が高まります。」

OECD加盟国の急性医療のための平均入院期間はドイツ8.9日、フランス8.8日、英国6.9日、米国6.1日である。 これに対し、アジア会員は滞在期間が著しく長くなった。 日本は平均滞在日が16.0日で非常に長く、韓国(18.0日)に続き2位を記録している。

在宅介護を受けにくい高齢者は、治療施設の代わりに入院を選択できると石川氏は述べた。 彼は病気になってもより安全であると感じるので、病院に残ることができると提案しました。

石川は「このような社会的入学現象は、医療管理において多面的な課題を提示します」と述べています。 「理想的には、患者が早く退院し、回復のために家に帰る方が良いかもしれません」と彼は提案します。 彼はまた、医療資源をより効率的に使用するのに役立つと指摘しています。

過剰病院、不足資源

病床を利用することができますが、日本の過剰医療施設は皮肉にも別の深刻な問題を引き起こします。

石川は、「過剰病院と日本の低一人当たりの医師と看護師の割合が、医療資源への負担を重み付ける」と分析しています。 「ファンデミック期間中、これらの不均衡により、必須の医療サービスを維持しながら、コロナ19患者を管理することが困難になりました。」

患者入院プロトコルに関する議論のため、「病状が空になるだけでなく、医療チームにも負担が加重されました」と石川は説明します。 その結果、彼は「ファンデミックに対する凝集力のある対応を調整することが難しかった」と付け加えました。

石川は「日本は優れた医療アクセシビリティを誇っていますが、それにもかかわらず、多くの病院に分散した医師の数が少なすぎるため、品質が低下する可能性があります」と強調しています。 彼は、「結果的に統合と組み合わせて、アクセスを少し減らすことで全体的な品質が向上するという話し合いが増えています」と付け加えました。

空対応病床、静岡市立病院、2021年10月1日(©Sankei)

彼はこの議論の重要性を強調しながら「これは特に急性治療病院と関連がある」と述べた。 ここでは長時間労働時間の短縮を目指し、医師の業務方式など改革が進んでいる。

日本の優れた医療にもかかわらず、患者数と生産性に対する懸念がある。 彼は、「問題の核心は、アクセス自体よりも処理されるケース数が少ないということにある」と強調する。 同時に彼は「最も大きな問題は医師不足」と付け加えた。

仮想医療

石川氏は、必要に応じて、日本が「地域医療インフラを強化し、医師へのアクセシビリティを高める」新しい方法を検討していると指摘しています。

検討中の1つの選択肢は、オンラインカウンセリングを使用することです。 「簡単に目立つ利点の1つは、アクセシビリティの向上です」と彼は言います。 「患者はもはや相談のために直接訪問する必要がなくなり、待ち時間が減り、どこからでもアクセスが可能になりました」

これは東京を越えて医師数が少ない地域まで拡大しています。 事実上、個人は首都に行かずに医師から一流の治療を受けることができます。

東京公務員が職場予防接種を通じたコロナ19ワクチン接種を控え、東京都庁で医師の遠隔事前検診を受けている。 2021年7月1日(水泳場写真)

オンラインカウンセリングはまた、患者が治療に関する重要な情報を取得して共有するのに役立ちます。 石川は続く。 たとえば、ウェアラブル機器はさまざまなデータをオンラインで送信することができます。情報を確認できます。すぐに病院に送りました」

「血圧レベルが大幅に高まると、病院は追加の処置のためにすぐに患者に連絡することができます。このレベルの詳細なモニタリングにより、以前は不可能であったより正確で時宜を得た医療介入が可能になりました」と彼は結論付けました。

AI統合

石川はまた、将来、人工知能が日本の医療システムに大きく統合されると想像しています。

「AIはすぐに経験の浅い医師よりも正確な対応を提供できます。これらの可能性はまだ完全には実現されていませんが、 イメドイギリスではすでにAIベースの医療相談を提供しています。」と石川氏は説明しています。これがますます実現できるようになる」と石川氏は説明する。

中央政府庁舎外観厚生労働省のある東京の5番地。 (©サンケイ)

2017年、厚生労働省は保健医療分野のAI活用促進協議会を設立しました。 これは後で使用促進に関する円卓会議となりました。 ヘルスケア分野のAI。 これは、AIの活用を促進するための6つの優先順位領域を識別します。 これには以下が含まれます。

  1. 診断画像のサポート
  2. 診断と治療のサポート(検査、病気管理、病気予防を含む)
  3. 手術サポート
  4. 看護と認知症
  5. ゲノム医学、
  6. 薬の開発。

石川は「医学分野のAI技術のもう一つの例はEndoBRAINです」と述べています。 「EndoBRAINはAIを使用して内視鏡画像を分析し、発見された病変が腫瘍であるか非腫瘍性ポリープであるかを予測します。

結論

日本の人口老齢化と医療ニーズの進化の中で、石川は医療分野の革新と適応の必要性を強調しています。 補償モデルの再構想からAI統合の受け入れまで、日本はこの複雑さを乗り越え、医療サービス提供分野で優れた遺産を続ける準備ができています。

関連:

著者:ダニエル・マニング

READ  後期聖徒が新しい総管理役員として支持した人
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours