技術

インテルを追い立てるAMDとアップル。 PC用プロセッサの競争[西田宗 치카의 이마토미라이]-Impress Watch

AMDが好調だ。

先週は、デスクトップ向けプロセッサである「Ryzen 5000」シリーズを発売した。

AMD、Ryzen 5000シリーズを6日、国内発売

一方、今週は、Appleがオンラインイベントを開催、新製品を発表する。 詳細は不明だが、予告されたまだ発売されていない製品は、アップルの半導体を使用した「Apple Silicon Mac」の発表が行われると予想される。

WWDC 2020でApple SliconベースのMacの発売を予告している

AMDのシェア向上、Macにアップル半導体への転換など、インテルの逆風が吹いている。 その状況を考察してみたい。

PCのあちこちで繰り広げられる「AMD採用 “

プロセッサのための競争は、特にPC用プロセッサに対して、さまざまな側面がある。 もはやメインストリームと言え薄く貝殻型のノートPCをめぐる戦いもあって、ハイエンドPCゲームPCを想定したものもある。 一般ユーザーではなく、サーバーの製品もある。

現在、この製品は、すべて「他のもの」と述べた良い。 要求される電力とコストが全然違うからである。 サーバー用やノートPC用としてはまだインテルが強く、ハイエンドPC向けには、明らかに、インテルとAMDが対立している。 ノートPCにも消費電力よりも性能が優先される場面では、AMDのものを採用する流れがある。

現在のPCのシーンを考えると、主な事業を軸に据えたノートPCであるが、コストも売られており、成長余地が大きいのはゲーム用PC。 特に、個々のGPUベースのノートPCの拡大が目立つ。 そこにコストと性能のバランスから、AMDのRyzen + NVIDAのRTXシリーズという組み合わせも増えてきている。 デスクトップも同様に、これもまた、「高性能シーンでコスト」したがってある。

考えてみると、11月10日・12日に相次いで発売される新型ゲーム機「Xbox Series S | X」「PlayStation 5」の両方が、AMDと共同で開発したプロセッサを搭載している。 共同設計とライセンスに関する考えがインテルと異なるビジネスモデルの条件が大きいが、こちらもAMDが市場を席巻している。

XboxシリーズS | X

プレイステーション5

マスはまだインテル。 薄いPCなどで優位性が…

もちろん、インテルは依然として強い存在だ。

特に、通称「Tiger Lake」と11世代Core iシリーズをはじめとした、インテルのPC用プロセッサの力を軽視することはできない。 特にEvoプラットフォーム採用の薄型ノートPCの完成度は高い。 続々と製品の発売が続いているが、この分野でのインテル利点と筆者も考えている。

11世代Core iシリーズ

Intel 11世代Coreプロセッサを正式発表

今そしてこれからも多くのPCがIntelプロセッサを採用することは間違いない。 PC上での最初の選択が、インテルで突然AMDになるとは考えにくい。

しかし、AMDがサーバーから2桁のシェアを確保することに「PCといえばインテル “”プロセッサと、インテル」というわけではなくなっているのも事実だ。x86系CPU全体でAMDが20%以上のシェアを確保して課題であったノートPCでも過去最高のシェアされてきた事実は見逃せない。

AMDのシェアが約13年ぶりに22.4%まで回復した。ノートPC用は歴代最高

PCメーカーで、フラットPCなど、インテルが強い部分以外でAMD製品を使用して、調達リスク軽減とコストの改善を狙っている……という音は聞く。

PC自体の販売量は拡大傾向にあり、価格競争力もある。 その中の危険回避を狙うのは、ある意味健全な市場の構築と言えるのではないだろうか。

新しいiPad Airのベンチマークで “Apple Silicon Mac」を予測

一方、アップルは、別の論理で動く。 自社にシフトしていくことは、アップルのように “デザインは、垂直統合」を目指す企業との戦略だ。

Apple Silicon Macの正体はまだ知らないの互換性も性能も、将来的にも正確なコメントをするのは難しい時期だ。 発表後には、また、別考察したいと思いますが、現時点でも知ることができ、多少ある。

それは “第一弾製品の性能」のものである。

アップルは、Apple SiliconデザインのiPhoneとiPadとの共通化を進めている。 同じものが使用されているわけではない、のような世代は、基礎の設計は共通する。 CPUとGPUのコア数に統合IPメインメモリの量とクロック周波数などで差別化するものである。

この言葉は、現在のiPhone 12・iPad Airに採用された「A14 Bionic」とiPad Proに搭載された「A12Z Bionic “で”最低この程度のパフォーマンスがされているではないか」という比喩がある。

マルチプラットフォームのベンチマークテスト「Geekbench 5」の値ではかなり保守的にApple Silicon Macでのテストの結果を予想した値が、次の表になる。 緑のベンチマーク値、青予測値である。

マルチプラットフォームのベンチマークテスト「Geekbench 5」の値でApple Silicon Macの性能を予測。 青が予測。これ以上の値になったら、かなり魅力的な製品になりそうだ

iPad Pro用「A12Z Bionic」は、iPhoneやiPad Air用比較すると高い処理に使用される高性能CPUコア数が4個に増えGPUコアが8個に増えた。 ここでは最新の「A14 Bionic(高性能CPUコア2 GPUコア4)」を使用したiPad Airスコアをもとに、「もしA12Zのように、コアの数が増えた場合」を想定して作成されたのが、この予測値。

消費電力に敏感な「高効率コア “分の処理能力の方、A12Zと同じ値を加えている。メインメモリの量とクロック周波数の違いは想定していない。

それにもかかわらず、性能が大幅に高くなる。 ちなみに入れた現在のインテルのバージョン13インチMacbook Proと比較した場合の違いは明らかである。

現在、iPad ProとMacBook Proを比較すると、OSの違いからか、多くの仕事をMacBook Proの方が快適であるが、動画の書き出し、ゲームなどではiPad Proの方が優勢であり、CPUファンがないという利点がある(メインメモリの量が全く異なるため、実際の作業の快適さはまた別の話)。

その点を考慮すれば、純粋なベンチマークの値は「この程度は期待できる」と思っても、あまり非論理的ではなく、ように思う。 個人的には、高負荷時にファンの騒音が大きくなることが減少いただければ幸いです。 一方、高性能領域(MacBook Pro 16インチとiMac Pro、Mac Proなど)がどうなるのかは、まだ気になる。

どのようなもの出てくるかどうかの競争は、基本的にプラスである。 AMDでもアップルあれPCのあり方に変化をもたらしていることを歓迎したい。

このようにすると、確かに、インテルとしては難しい部分はあるだろう。 今後のプラットフォームでどのように補うかどうか……という点にも強い関心が出てくる。

READ  [구경꾼 미니 리뷰]1万5千円で携帯しやすく、解像度も十分なモバイルディスプレイ〜JAPANNEXT「JN-MD-IPS1010HDR」をしようと - PC Watch

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close