スポーツ

インド、アジアのバレーボールC’shipで、サウジアラビア下し3連覇

インドの男子バレーボール代表チームは土曜日、日本船橋アリーナで開催された2021バレーボールアジア選手権サウジアラビアを連続セットで下した。 サウジアラビアが強い姿を見せてくれたが、インド人がオリンピック大路準決勝9〜12位から3-0(25-22、25-22、25-23)で勝利し、より良い方に仕上げました。 com

インドは等級分類ラウンドでクウェートとウズベキスタンを相手に連勝を収め良い姿を見せて9位と16位の間のチーム順位を決定しました。 先にインドは、バーレーン、カタール、9回優勝した日本に敗れ8強進出に失敗してグループリーグで最下位を記録した。 グループの上位二チーム、日本とカタールだけが8強に進出しました。

サウジアラビアを相手にしたインドでは、Charles Jerome VinithとRai Ashwalに優れた活躍を広げた。 両方のそれぞれ15点に終わった。 一方、20得点で、サウジアラビアの主張Azouz Asaadが湾岸代表の得点王に輝いた。

インドは優勝に続き、国際バレーボール連盟(FIVB)男ランキングで71位になった。 インドのバレーボールチームは、現在の日曜日に9位を占めするためにバーレーンと戦うことになります。 前のグループリーグで、二人の対決はバーレーンの3-0の勝利(27-25、25-21、25-21)に終わった。 (アニメ)

(この話はDevdiscourseスタッフが編集していなかったシンジケートされたフィードの自動生成されます。)

READ  【小倉夏Jレース後のコメント】スプリングボックスの森一馬騎手たち| 競馬ニュース - netkeiba.com

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close