インド、アジア女子バレーボール選手権大会で日本、イランと対決

1 min read

インド女子バレーボール代表チームは8月30日から9月6日までタイナコーン・ラーチャシーマーで開かれる2023アジア女子バレーボール選手権大会に他の13チームと共に出場する。 アジア女子バレーボール選手権大会が4年ぶりに開催される。 2年ごとに開催されるバレーボール大会は、コロナ19によって2021年にキャンセルされました。

大会上位3チームは、2025年国際バレーボール連盟(FIVB)女子世界選手権大会に参加する資格を得ます。 Olympics.comによると、今回の大会は予選、等級分類、ノックアウトなど3段階で行われる。

チームは予選のために4つのグループに分けられました。 AプールとBプールはそれぞれ3つのチームで構成され、CプールとDプールは4つのチームで構成されています。 世界ランキング68位のインドはディフェンディングチャンピオン日本、65位イランと共にBプールに編成された。 中国は13のタイトルを獲得し、トーナメントで最も成功したチームです。 彼らはプールDにあります。

予選ラウンドでは、各4グループの上位2チームがEプールとFプールに進出し、残りのチームはグレード分類ラウンドのGプールとHプールに抽選され、ポジションだけを置いて試合を繰り広げます。 E組とF組の上位2チームが準決勝に進出することになります。

準決勝戦は9月5日、3位決定戦と決勝戦は9月6日に行われる。 インドの今大会の最高成績は1979年のデビュー当時7位を記録したものだ。 インドの女子バレーボールチームは2017年と2019年の連続10位を記録しました。

12人のチームが2023年アジア女子バレーボール選手権大会でインドを代表することになります。 一週間のトーナメントは、コラート・チャッチャイ・ホールとモール・コラートのMCCホールで開催されます。

インドの女性バレーボールチーム:Jini KS、Maria Sebastian、Nirmal、Shaalini、Saranya、Ezhilmathi、S Soorya、Silpa、Anusree Ghosh、Minimol、AnaghaおよびAnanya Das。 グループA:タイ、オーストラリア、モンゴル

グループB:日本、イラン、インドグループC:韓国、チャイニーズ台北、ベトナム、ウズベキスタン

D:中国、カザフスタン、香港、フィリピン(ANI)

(このストーリーはDevdiscourseの従業員によって編集されておらず、シンジケートフィードから自動的に作成されました。)

READ  金メダリスト、アイスショーでフィギュアスケートの楽しみプレゼント
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours