経済

インド、ロシア、日本と3者間輸送、石炭採掘協力交渉

ニューデリー: インド、日本、ロシアは、ロシア極東地域の潜在的な協力分野の中でエネルギー、石炭採掘、輸送、物流、海洋結合性、ダイヤモンド加工、医薬品、医療を確認した3カ国間の会談が水曜日に発表した。

先週行われた3カ国の代表者との間の協議は、最初に起こった声明は、声明を通じてトラックIIまたは竣工式レベルと付け加えた。

これは、インドと日本がロシアに従事しようとする試みとして見ることができます。 両方のグループ、米国およびオーストラリアと緩くクワッドと呼ばれるグループの一部です。 近年、強力な関係を発展させたロシアと中国は、米国主導の取り組みであると考えているクワッドに反対して、北京を隔離することを目的としています。

インドの – 仕事 – ロシア1次ラウンドは、日本の北東アジア経済研究所(ERINA)と、ロシアの極東投資と輸出機関(FEIEA)が参加したインド政府の支援を受けて、インド世界の問題協議会(ICWA)シンクタンクが主催しました。 共同パートナーとして。

声明は「最初のダイアログの焦点は、ロシア極東地域の経済的機会のそれぞれの見通しの3側の見解と情報交換にあった」と述べた。

「参加者は、ロシア極東地域の経済的機会を相互利益のために活用する3者体制を促進することが、3カ国の共同利害関係にあることに同意しました。」エネルギー、石炭採掘、輸送、物流、海洋接続を確認してい。 、ダイヤモンド加工、農業産業、林業、製薬、医療、高度な技術、科学的研究、能力強化、観光、人道分野が3者の協力の潜在的な分野だと述べた。

3カ国すべて「ロシア極東地域と一緒に地域開発の相互接続された特性を認めながら、「北極で成長連携を歓迎した。

声明は、「投資と貿易の連携促進を介して北極と北海航路開発において3者のパートナーシップの可能性を探ることを提案した」と述べた。

3国は、3カ国の協力のための分野と具体的な事業を把握するために、ビジネスコミュニティが重要であることに同意して経済対話を進める代表を任命することを要請したと付け加えた。

ロシア極東地域協力に関する協議は2019年9月Narendra Modi首相は、この地域を訪問したから1年が経たないうちに行われた。 訪問期間中、Modiは、広大な地域であるロシア極東地域の開発のために、10億ドルを約束しました。 ロシアの領土の約3分の1を占めて鉱物は、炭化水素、木材、魚類を含む天然資源が豊富だが、経済的に開発されていません。 過酷な気候、希薄人口は、この地域で移住の増加、劣悪なインフラストラクチャとの接続の不足が低開発地域に貢献するいくつかの要因であると考えます。 近年、中国でも国境を接して鉱物が豊富な地域に関心を示しています。

購読 ミントニュースレター

* 有効な電子メールを入力してください

* ニュースレターを購読いただきありがとうございます。

READ  Googleマップで「自分の位置が大きくずれて」の問題を改善すると、Googleが発表 - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close